カテゴリ:季節のなかで( 240 )

花いっぱいのガーデンで

今年は花たちも大急ぎで咲いております。
いい季節になりましたね。
アトリエの庭も花たちで満開です。
c0042324_21232920.jpg

c0042324_21230557.jpg

チューリップ。
そしてシャガです。
c0042324_21234606.jpg

特に新緑が美しいのです。素敵な季節になりました。
カメラを手にガーデンをうろうろ。
今日のレンズはHexanon AR 200mm F3.5。
ちょっと柔らかな描写が花たちのポートレートにぴったり。


by settuya | 2018-04-23 21:36 | 季節のなかで

ヒヨドリ君

あれから毎日枝にミカンを刺してやってると
このごろは朝早くからその枝の近くで待つようになりました。
まるで朝食を待っているかのよう。
今日もやって来ております。

c0042324_12102144.jpg
ウッドデッキに三脚を立てて撮り始めても「平気」です。
カメラから3mほど。
かわいい奴です。
でもヒヨドリが通ってくるようになってからメジロ君が来なくなりました。

Hexanon 200mmF8 + Fuji X-T1

by settuya | 2018-03-21 12:14 | 季節のなかで

春だねえ。

昨日今日と暖かいというよりも急ぎ足で歩くとうっすらと汗をかくぐらい。
春だねえ。
c0042324_19315435.jpg
あぜ道で見つけた「つくし」。
仲が良いんだ。
春なんだねえ。




by settuya | 2018-03-15 19:33 | 季節のなかで

メジロとヒヨドリ

ちょっと雪。
でも小鳥たちはやってきました。

どうしてここの枝にミカンがあることを知っているのでしょうね。
今朝はメジロとヒヨドリがやって来ました。
c0042324_11202253.jpg
c0042324_11215618.jpg
c0042324_11222604.jpg
c0042324_11224007.jpg
c0042324_11225753.jpg
ヒヨドリにかかると、ミカンなどはあっと言う間に食べられてしまします。
さすがは大きな鳥です。

また明日の朝にミカンをあげるね。

by settuya | 2018-02-01 11:24 | 季節のなかで

ミカン 雪 そして 小鳥

寒波が居座って大雪。各地に被害がでています。
我がど田舎でもしっかりと雪。
先日などは給湯器が凍ってしまい大騒ぎになりました。
c0042324_10240530.jpg
去年の今頃に小鳥がやって来ているのを見ましたので
ミカンを枝に刺してやりました。
でも、この寒さに雪ですもん。
やってきませんなあ。

ミカンに雪。
日差しが出てくれば小鳥たちも飛んできます。
ミカンをついばむのを見るのが楽しみです。


by settuya | 2018-01-27 10:24 | 季節のなかで

2018年 賀正

c0042324_01340583.jpg
新しい年のご挨拶を申し上げます。
今年こそ「感動を共有できるような素晴らしい写真」を撮りたいものです。
頑張ります。
よろしくお願いします。

by settuya | 2018-01-01 01:36 | 季節のなかで

冬のガーデン

12月もあと数日。
アトリエの庭。花々や木々がすっかり冬支度。
c0042324_19260894.jpg
c0042324_19264042.jpg
c0042324_19265338.jpg
数週間前には開花していたのに、今ではご覧の通り。
アジサイの花はしっかりドライフラワーになっている。
ガーデンは冬眠に入る。

camera=E1+SP90mmMacro



by settuya | 2017-12-23 19:32 | 季節のなかで

信州の秋を走る

台風だ。
それも二つ、連続してやってくるとはね。
でも、「秋」だ、「紅葉」だという季節なのでやっぱり信州へ。
志賀高原から乗鞍、白馬、そして八ヶ岳。
日程がタイトだったのでお天気待ちも出来ず、雨で撮影は全滅も覚悟しながら
それでも走り回ってきました。
c0042324_19005915.jpg
ICから志賀高原に登るまでは曇り空。
これはダメかなあとがっかりしたけど、とにかく上へ上へ。
はい、雲の上へ出ると見事な雲海です。
送電線のタワーが雲海のスケール感を出してくれてます。
c0042324_19044745.jpg
志賀高原の紅葉はなんとも中途半端。
うーん、今年の紅葉はどうなっているんだろう?
美しくないなあ。しかもここ数週間の荒れた天候のため落葉してます。
早々に引き上げて妙高高原から笹ヶ峰高原へ向かいましょう。
いつものいもり池。
うーんうーん、紅葉はいまいちだなあ。
さらに走って笹ヶ峰高原に向かいます。
あぁあ、ここも紅葉はだめだあ。
地元の方に伺うと紅葉はいつもより2週間遅れているそうな。

今日は渋温泉泊まり。早々に温泉に。
この温泉街は風情があっていいなあ。
翌日は小布施の北斎館に立ち寄ってから八ヶ岳方面へ。
夕方でしたが富士山が見え、手前の木々のてっぺんにカラス。
c0042324_19133242.jpg
今回の撮影旅行ではメインの大判4×5とともにブローニーも持ち込みました。
ローライSL66SE+プラナー80ミリ。
久しぶりにローライSL66を持ち出したのです。
ローライのファインダー像の左右が逆なのが楽しい。
大判は上下も逆なのはご存知のとおり。
でもカメラたちの出番はこの日まで。
あと二日、乗鞍白馬と走り回りましたが、雨、雨、雨。
こちらの紅葉も遅れているようでした。
お天気にはかないません。勝てません。
リベンジしたいです。

by settuya | 2017-10-30 19:35 | 季節のなかで

秋のガーデンは花盛り

先日来、フィルムカメラを使うことが増えている。
確かにデジタルの時代だし、プリントもPCで確認したらプリンターで自家処理だもの。
わざわざフィルムで撮ってラボに現像を依頼して......など、まどろっこしいこと、おびただしいね。
でも、フィルムカメラなのですよ。
c0042324_11431550.jpg
今日は中判。ブローニーフィルムを詰めて、三脚に乗せてアトリエの庭に。
カメラはフジのGX680。レンズは100ミリだ。
こいつは本来がスタジオに鎮座しておられる機種なんですが、気に入っているのでこうしてお外へも連れ出しています。
三脚はやわなものでは支えきれないのでハスキー。
ピント合わせもその山がつかみやすい。さすがはフジノンだなあ。

写真を撮る ということ
その準備(カメラ機種の選択とかレンズの選別、そしてフィルムのセレクトなど)
シャッタを落とすまでのお作法(三脚を据え、ピントを合わせ、露出を測って絞りとシャッター速度をセットなど)
お日様と雲の様子を見定めてレリーズを。
うん、撮ったぞ(^-^)Yヴイッ
そしてフィルムを巻き上げ、撤収だ。
私の場合は写真を撮るということはこうした一連の手間をも楽しんじゃおうということなんだなあ。

GX680をなでなでしながらそんなことを思う秋のガーデンでありまする。



by settuya | 2017-10-06 12:04 | 季節のなかで

夏の終わり イコール 秋の始まり だね

暑い夏。
そしてお盆の墓参り。
盆踊り。

八月もあと10日足らず。
日中はともかくも、朝夕は過ごしやすくなってきましたね。
今朝の散歩で、どんぐりを見つけました。
まだまだ小さいどんぐりだけれど
しっかりと秋への一歩を踏み出しています。
ミンミンゼミからツクツクホウシに変わるのももうすぐ。
c0042324_10235349.jpg
可愛いどんぐり。
暦のうえでは秋なんだもんね。

by settuya | 2017-08-21 10:25 | 季節のなかで