花とオールドレンズ

タムロンというレンズメーカー。
銀塩フィルムの時代にアダプトールという名で
各社一眼レフカメラのマウント部分を付け替えることで
一本のレンズがほとんどのメーカーのマウントで使える
超便利なシステムを考案、発売していたメーカーです。
ごぞごぞ 除湿器のなかからサルベージ。
タムロン SP135mm。
ボディにオリンパスのフォーサーズボディを持ち出して
庭の花たちを撮りました。
c0042324_22422194.jpg
c0042324_22423888.jpg
いいレンズです。
ちょっとドライな写りですが、しっかりとした描写力をもってますね。
これは楽しい。

by settuya | 2017-11-21 22:45 | カメラ
<< 秋を撮るのって、待ったなしだね。 湯の山街道 淡河本陣跡 >>