<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Q-散歩 その8

SIGMA DP2 Quattro を首からぶら下げてのお散歩写真その8です。
雪が撮りたくて富山から高山にお出かけ。
さすがに雪、雪、雪。
でも街中は除雪もなされていて散策できます。
今回はJRさんにお世話になっての小旅行でした。
c0042324_1018427.jpg

c0042324_10191135.jpg

c0042324_10193350.jpg

c0042324_10194725.jpg
c0042324_10195515.jpg
c0042324_102035.jpg

むかし苦手だった赤色系も画面全体との構成比に注意すればそれなりの赤になってますね。
ただ雪の白さはやや飛び気味。
露出はカメラ任せ。補正値もゼロです。
少しだけマイナス補正をしてやるか、RAWで撮ってうまく現像してやれば
きっとカバーできるんでしょうね。

いつもの車での移動とちがって時刻表に拘束されますが
車窓からの渓谷の雪景色を堪能し
持ち込んだ読みかけの書物にも目を通し
北陸新幹線の試運転(?)にも遭遇したり。
雪の中をごっとんごっとん列車で走るのもいいもんですなあ。
高山では街歩きを楽しみ
ホテルのお料理に満腹しました。

すべて手持ちでしたがそれなりに使い慣れてきたのでしょうか
ブレブレ写真の量産にもならずシグマ DP2 Quattro をお供に
雪景色を満喫できました。
一つだけ気になった点はフードです。
ほとんどのメーカーのフードに共通した点なのですが浅いのですね。
純正フードは大きくてごっついのですが肝心のハレ切れには役不足。
もう一回り深いフードが欲しい。
それでも単焦点レンズとファインダーでの撮影テンポはええなあ。
これでマクロ域をしっかりカバーしてくれれば..........
by settuya | 2014-12-27 10:38 | 写真 | Comments(0)

冬の雨  雨籠もり

日本海側に大雪をもらたした寒気団が北海道からアリューシャン方面に動き
今朝は寒さも少しだけ和らいだようです。
でもこちらでは雨。
c0042324_17562133.jpg

窓から見えるのは雨にかすんだ竹藪です。
庭のバラの枝に雨粒の飾り。

梅雨時には雨音を聴きながらお茶など 風情もあっていいもんですが
冬の雨はそういう気分にはなれません。
なんとも寒々としていやですなあ。

あと10日で今年も大晦日。
今年一年の間に身の回りに起こったさまざまな事々を思い出して微笑んだり反省したり。
そうだ、新しい手帳に「覚え」を転記しなくちゃ。
孫へのクリスマスプレゼントも買いに行かなければ。
年越にむけて大掃除という大イベントも待っております。
なにかと気忙しい今日この頃です。
by settuya | 2014-12-20 18:06 | 季節のなかで | Comments(0)

最近読んだ二冊の新書

唐突に総選挙だ。
いやはや。

日本経済をどう復活させていくのか。
現政策の延長線上にどんなニッポンが見えるのだろうか。
最近読んだ二冊の新書本がこれだ。

c0042324_0281673.jpg

「資本主義の終焉と歴史の危機」
水野和夫 著   集英社新書

「税金を払わない巨大企業」
富岡幸雄 著   文春新書

どちらも新聞の書評を見て本屋で求めたもの。

「資本主義の終焉と歴史の危機」のほうは今年の3月に初刷。
8月には第10刷というほどで10万部を突破したそうな。
著者の水野氏は内閣府大臣官房審議官、内閣官房内閣審議官を歴任した方だ。
「税金を払わない巨大企業」も今年の9月20日に発行され10月30日には第4刷という。
こちらの著者である富岡氏も大蔵事務官を経て政府税制調査会の特別委員などを務めてきた人である。

ともに現在の経済体制を官僚として支えてきた人たちであり、いわば
いまの経済政策・税制の現場にいた人たちであるのに冷静に科学的に、
素直に現経済体制や税制を見つめなおしてみると
「このままではダメだ。だまってはおれない」
という思いで原稿用紙に向かったのだね。

この二冊を読むだけで、○○○ミクスがいかに見当違いの政策であり
ニッポンをとんでもない方向に引き擦り込もうとしているのか。
著者の危機感がひしひしと行間に見える。

今度の選挙でだれに・どこに投票するか。
しっかりと考えたいと思う。
by settuya | 2014-12-04 00:32 | 日常 | Comments(0)