<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

彼岸花

三田郊外ではそろそろ稲刈りのシーズン、到来だ。
黄金色の稲穂はほんとうに美しい。
まさに「命の輝き」とはこのようなシーンを言うのだろうね。
稲刈りのシーズンということは彼岸花のシーズンでもある。
カメラを持って出かけてきました。
うーむ。
ちょっと早かったかなあ。
c0042324_22223724.jpg

まだまだつぼみの彼岸花。
あと数日もしたら満開になる。
そのころもう一度行きたいね。
c0042324_22231464.jpg

そろそろこっちはシーズンオフになりそうだ。
七輪で焼き焼き(^-^)/
ウッドデッキのテーブルで七輪。
そして、もちろんビールだ(^-^)/
炭火がうれしい暖かさ。
それを意識する季節になってきたんだね。
いやあ、しっかり飲み過ぎてしまいました。
ごちそうさまでした。
by settuya | 2012-09-23 22:29 | 季節のなかで | Comments(0)

リンゴと蕎麦

コスモスが咲き 秋空が高い。
信州の秋はもう歩き出している。
c0042324_13591835.jpg

サラダ街道ではリンゴが色づいている。
c0042324_13594876.jpg

安曇野では稲刈りが始まった。
c0042324_1401766.jpg

青鬼地区では稔りの秋。稲穂が小金色だ。
伊那箕輪地区では赤ソバの花がそろそろ満開だ。
c0042324_1431920.jpg

秋はもう、一歩も二歩も歩き始めています。
by settuya | 2012-09-20 14:04 | | Comments(2)

秘湯の湯

旅が好き
そして温泉も大好き(^-^)/
というみなさんにはご存じの「日本秘湯を守る会」という宿がある。
そこはまさに秘湯であることが条件の宿であり
ウィキペディアによると
【秘湯(ひとう)は、主に山奥などの交通の便が悪い場所に
存在する温泉のことを指す。読んで字の如く、秘=他人に知らせたく
ないような温泉のことである。】ということだそうな。
つまりはバスでささっと玄関まで乗り付けたり
JRの駅からすぐそこ、なんて宿ではないのである。
c0042324_2365619.jpg

ススキがきらきらと綺麗。
小谷の山々はもう秋なんだねえ。

そのうちのひとつに新潟県糸魚川市にある「蓮華温泉」がある。
1617年上杉謙信が発掘したという銀山の採掘の際に温泉が出たと
いうのがそもそもの始まりであるそうだ。
白馬岳や朝日岳への登山の拠点でもある「蓮華温泉ロッジ」。
いまでも電源は自家発電で宿泊するのには懐中電灯必須というほどの秘湯。
これは行かねば(^-^)/
c0042324_2375942.jpg

c0042324_2381130.jpg


実は本当の目的はその登山路途中にある「白池(しらいけ)」の撮影なのだ。
ブナや楓の木々が取り巻いている白池は紅葉の時期にはさぞやと思わせる。
言わばすぐにやってくる紅葉シーズンへの下見。
実に静かで、さわやかな高原の空気感が素敵でありましたです。
c0042324_2383216.jpg


蓮華温泉へは春から秋までの季節運用だけれどバスが通っているのだ。
それも1日たったの4往復。つまりバス路があるということなのね。
糸魚川から小谷方面に車を走らせ、途中から脇道=登山道路へ入る。
けっこう山の中へ走り込むことになる。
白池を撮影してからの蓮華温泉は素敵な湯加減でありましたです。

紅葉シーズンにはもう一度ぜひ行きたい「秘境」である。
by settuya | 2012-09-17 23:12 | | Comments(0)

ヴェネツィア展

このところ、お天気が安定しない。
「一時 雨」というが、その雨が降れば降ったですさまじいのである。
この日も天気予報は「一時 雨」。
雨傘を手に持つか、折りたたみ傘をバッグに忍ばせるか。
出発前の玄関でちょこっと迷う。
京都文化博物館で開催中のヴェネツィア展を見に行くのだ。
道中は地下鉄だし、降れば降ったで街歩きをあきらめればよい。
ということで京都は三条通へ。
c0042324_10214971.jpg

煉瓦造りの郵便局を経てやっぱり煉瓦造りの会場。
ここは三条通に面している別館で、国の重要文化財・旧日本銀行京都支店の建物だ。
天井の高い室内を通り抜けて本館の展示場へと足を運ぶ。
c0042324_102291.jpg

展示会の入り口でいつものように「音声ガイド」を借用する。
浅学なsettuyaにはうれしい装置だ。
出展品の前にたたずみ、イヤホンからの説明を聞きながらゆっくり廻るのである。
今回は盲目のピアニスト=辻井伸行さんの公式テーマ曲も楽しめるというおまけ付きだった。
なんとも優しさと懐かしさが溢れたピアノ演奏だなあ。
解説の合間に何度も曲を聴く。
目からも耳からもヴェネツィアの歴史と空気が楽しめる。
c0042324_10222676.jpg

ランチは蕎麦屋さんへ。
ビールに付きだしの「蕎麦味噌」がグッド(^-^)/
グビグビが進みます。
c0042324_10224048.jpg

心配した「一時 雨」という天気予報だが確かにぱらっと雨は降ってきたけど
すぐに上がり、折りたたみ傘の出番はなかった。
もう一度ヴェネツィアに、イタリアに行きたくなってきました。
by settuya | 2012-09-10 10:24 | その他 | Comments(0)