<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日本絵画のひみつ展とFDレンズ

カメラがフィルムからデジタルに主流が移ってしまったけれど
フィルム時代のレンズで電子化のために葬り去られたレンズマウントがいくつもあった。
その一つがキヤノンのFDマウントだ。
c0042324_2322544.jpg

現在のキヤノンのマウントはEOSマウントでありボディもそれように新設計されたので
フランジバックの長さが伸びてしまった。
結果、FDマウントのレンズは凸レンズを組み込んだアダプタを使わないと使用できなくなってしまった。
なんだかなあ。
当時から、この件についてはすっきりとしない思いを持ち続けている。
キヤノンさんとしてはその結果、デジタルカメラで世界一になったんだから
この選択は正解ということなんだろうけどね。
そしてデジタルの時代になり、撮像素子のサイズが35ミリフィルムサイズより小さくなったおかげでフランジバックの長さも短くなった。
ということでマウントアダプターを活用することでオールドレンズもデジタルで遊べるようになったのである。
ありがたいねえ。
まったく問題なしということではないけれどね。

というわけで本日はリコーのGXRにFD用マウントアダプターを付けてのカメラ散策。
行き先は神戸市立博物館。
特別展「日本絵画のひみつ」を見に行ってきました。
三宮から居留地、大丸方面をぶらぶら。

c0042324_23325942.jpg

c0042324_2332893.jpg

c0042324_23322515.jpg

c0042324_23331651.jpg

レンズ=キヤノンFD50ミリF1.4SSG。
ボディ=リコーGXRーMマウント。 リサイズのみで画質調整なし。
明るめのときにコントラストがやや低めになるFDの傾向がよくでていますなあ。
いやあ、便利な時代になりましたです。
これで除湿庫のFDレンズの出番が増えます。

特別展のほうも日本絵画が洋画からどのような影響を受けてきたのか
充実した内容でした。
by settuya | 2011-12-18 23:39 | カメラ | Comments(4)

湊川手作り市

10日に湊川公園で手作り市=フリーマーケットが開催された。
100店舗も出るということなので興味津々、お出かけ。
ほとんどがいわゆる「クラフト系」なのね。
硝子細工もんとか革製品の小物とかアートっぽいお店がほとんど。
さらに手作りクッキーのお店とか天然酵母のパンとかもある。
若いアーティストさんたちが自作の発表の場としてはいいかも。

じっくり見て回るとお腹も空いてくるのよね。
c0042324_10173044.jpg

ということで「春陽軒」さん。
湊川まで出てきて、ここで豚まんをいただかなければv(^o^)
創業が大正十四年だって。86年前だぜ。
やっぱり美味しい。

c0042324_1020852.jpg

なんとなく、豚まん三つでは物足りない。
商店街にもどって「松岡珈琲店」さんへ。
ここは玉子サンドが有名。
もちろんお店で焙煎するコーヒーのお味もグッド。
ミックスサンドとのセットをいただきます。
クラシック音楽が流れる店内は落ち着いた雰囲気。
サンドイッチも、コーヒーも美味しい。

豚まんとサンドイッチ、これでお腹も落ち着いたsettuyaでありました。

--------本日の___φ(。。)メモメモ--------
豚まん一筋 春陽軒
住所     兵庫県神戸市兵庫区新開地2-7-5
電話     078-575-0078
営業時間  10:30~(売り切れ次第閉店となります)
定休日    日曜日

自家焙煎  松岡珈琲店
住所     兵庫県神戸市兵庫区新開地1丁目1-8
電話     078-577-6376

ごちそうさまでした。
by settuya | 2011-12-12 10:27 | 街角ウオッチング | Comments(2)

忘年会だぜい(^-^)/

12月。師走に入るとなにかと忙しい。
もちろんお仕事も多忙になるのだ。
しかしながらsettuyaが忙しいのはアフターファイブ。
そう、忘年会のシーズン突入なのだ。
「ときどき」さんからご連絡をいただいた。
なんと、あの「クエ」が手に入ったと言う。
九州方面では「アラ」。(ちなみに紀州のクエはまず無理)
お相撲の九州場所が終わらないと関西方面に回って来ないという。
今夜はその「クエ」のフルコースでの本年最初の忘年会なのだ(^-^)/
c0042324_10184136.jpg

付き出しでまずはイッパイ。
今夜のお酒も「ときどき」のご主人が苦労して揃えてくださった「愛山」吟醸酒シリーズ。
うれしいなあ。
c0042324_1021893.jpg

十四代の「播州 愛山」
「愛山」という酒米は戦後にできた酒米で山田錦と雄町という人気銘柄を親にもつ。
いわば酒米のエリートさん。これは美味いはずでしょ。
しかも兵庫県加東市を中心に単独栽培されている地元産の酒米なのである。
伏見の「松本酒造」さんの「愛山」酒をいただいてから
settuyaが『愛山、愛山、愛山...............』とつぶやいているもんだから
ご主人がこの日のために探してくださったのである。
感謝。感謝。
c0042324_10301426.jpg

刺身でもいただきます。
白身でとてもきれい。そしてちょこっと甘みがあって、グーッ!
c0042324_10312949.jpg

c0042324_10314512.jpg

次の「愛山」酒は蒼空(そうくう)「純米大吟醸 愛山」。
この酒蔵さんは伏見の「藤岡酒造」さん。
同じ伏見の酒なので例の「松本酒造」さんのお味に近い。
おいしいぃぃぃぃ。
c0042324_10344766.jpg

「クエ」のお寿司。
さらに
c0042324_10354346.jpg

「クエ」を炙っていただきました。
ものすごく荒っぽい比較をすると、フグを炙ったのを柔らかくしたようなお味かな。
ここで今夜の「愛山」酒のトリが登場です。
c0042324_1038369.jpg

「磯自慢 愛山大吟醸」
\(^o^)/わはははは。
もう言葉もありませぬ。ワンダフル、ワンダフォーでありまする。
c0042324_10401338.jpg

もちろんお鍋もいただきます。
この大きな切り身から全体のサイズが想像できますよね。
「クエ」というのはこんなにでっかい魚なのである。
c0042324_10414969.jpg

これがなにか、一目でわかる人は「クエ通」だ。
「クエの鱗」だ。歯ごたえがたまりません。
さらにさらにクエ尽くしが続きます。
c0042324_10434288.jpg

煮付けも造っていただきました。
煮付けても白身が固くならないのはさすがです。
このころになると、ほぼ100%、いや115%酔っ払っております。
最後の仕上げです。
c0042324_10455739.jpg

同じ九州方面からやってくるフグ=てっちりとひと味違うクエ鍋。
実に奥深いものであります。
「クエ」もまた、ええもんでありますなあ。

大好きな「愛山」酒を揃えてくださったご主人、ありがとうございます。
感謝です。
そして来年の新年会のお約束までしてしまったことは内緒です。

満足・満腹・幸福・口福(^-^)Vブイッ!

--------本日の___φ(。。)メモメモ--------
 ときどき
     兵庫県神戸市中央区中山手通4丁目20-13
     078-291-0036
      ※ 予約をしてくださるのが 吉 ※
by settuya | 2011-12-08 10:55 | グビグビ | Comments(0)