<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

竜安寺の石庭

c0042324_1647642.jpg

嵐電の竜安寺前から少し歩くとこの案内石碑がある。
ここは衣掛の道沿いに寺院が並ぶ。
今日は久しぶりに竜安寺なのである。
c0042324_16493612.jpg

もう何十年も昔に行ったきり。すっかり記憶に残っていない。
大きな池にはハスの花。
c0042324_16525814.jpg

うーん。
竜安寺の石庭って、こんなサイズだったっけ?
みなさんといっしょに座り込んでみる。
木々の緑。
土壁の塀。
白い敷石にトラを模したといわれる庭石たち。
時折通り抜ける風も気持ちがいい。
ゆったりとした時間が流れる。

ええもんですなあ。

ということでお昼はやっぱり湯豆腐でしょ(^-^)/
c0042324_1658562.jpg

手入れの行き届いた庭を眺めながら
お酒をいただきます。
いつものようにガツガツしないんだよ。
一口、一口味わいましょう。
こういう昼酒も、いいもんだ。
by settuya | 2011-08-31 17:02 | カメラ散歩 | Comments(2)

タジン鍋タジン料理

モロッコを中心にした北アフリカの調理器具で「タジン」という土鍋がある。
その特徴的なスタイルと素材を生かした調理法がヘルシー志向の時代に合ってはやっているらしい。
そんな「タジン鍋」での料理を食べさせてくれるお店が出来たというので行ってきました。
三木市湯の道街道沿いの蔵を改造したお店だ。
c0042324_1352247.jpg

野菜は三木の地元産。地産地消だね。
前菜。
c0042324_13535036.jpg

そして「タジン」料理。
c0042324_13544949.jpg

テーブルに持って来たときはこれにとんがり帽子みたいなふたが被さっていた。
そのふたを取るとこれだ。
野菜の一つ一つがほっこほこ。
トマトの赤。
ブロッコリーの緑。
かぼちゃの黄色。
にんじんの橙色。
それぞれの野菜の彩りがそのままなのである。
ちょっとアップで撮ってみる。
ふむふむ。
「タジン鍋」「タジン料理」というのはこういうのを言うのか。
c0042324_140531.jpg

これに本日のパスタとパンもついたランチメニューだ。
c0042324_142178.jpg

デザートとコーヒーもいただきました。
c0042324_1431968.jpg

抹茶プリンとアイスクリーム。

料理も出来ないくせに、こんなお鍋が欲しくなったsettuyaでした。

--------本日の___φ(。。)メモメモ--------
     ナチュラルキッチン ゆと
         三木市大塚201-4 35
         電話 0794-86-0030
by settuya | 2011-08-29 14:08 | グルメ | Comments(2)

雨の日は音楽も

朝から降ったり止んだり。
ヤマユリも雨を楽しんでいるのだろうか。
c0042324_1658775.jpg

今夜はなんとライブを楽しもうという予定なのである。
それもフルートとピアノだ。
その前に腹ごしらえ。
c0042324_1658513.jpg

c0042324_1659146.jpg

c0042324_16591234.jpg

c0042324_16592435.jpg

c0042324_1659349.jpg

焼きたてのパンが美味しい「サン・マルク」さん。
思わずパンを食べ過ぎちゃった(^ ^);;
デザートもしっかりいただいて今夜の演奏会場へ移動します。
今夜の演奏開始は午後10時からなんだよ。
三田市郊外のレストランだ。
オーナー氏が志のある方で、日頃は多忙なひとでも
午後10時からなら演奏会も楽しめるのではないかと考え
毎月一回開催しておられる。
今夜は南部やすかさんのフルートと宅見優里さんのピアノだ。
c0042324_16595827.jpg

会場も30人あまりの観客で満席という規模。
演奏者も肩肘張らずにきさくな感じで曲目紹介。
時折笑い声も沸くほどリラックスした雰囲気の中での演奏会だった。
もちろん演奏が始まると熱のこもったお二人の「音楽力=気」に圧倒される。
さすがですなあ。

終了は11時半を回ってる。帰宅したのは12時過ぎ。
気持ちの良い充実感いっぱいの夜になりました。
by settuya | 2011-08-22 10:58 | グルメ | Comments(4)

夏まつり

c0042324_1224127.jpg

神戸・生田神社の夏祭り。
ちょっと時間が早かったなあ。
本番はもっと暗くなってから、提灯に灯が入るころからだ。
それにしてもこのごろの浴衣はミニもあるんだね。

というわけで、夏祭りとくればビアガーデンだ(^-^)Vブイッ!
c0042324_12264567.jpg

c0042324_1226538.jpg

海からの夕風を受けながらよく冷えたビールをグビグビ。

プファー。
たまりませんなあ。
by settuya | 2011-08-08 12:29 | 街角ウオッチング | Comments(0)

広島グラウンドゼロ

新幹線に乗って今年もヒロシマに行ってきた。
「平和」を祈念するために。
c0042324_12321222.jpg

ヒロシマに原子爆弾が投下されたのは8月6日午前8時15分。
丁度その時間に広島駅に到着。(実はそれを狙って早起きしたのね)
そっと黙祷。
駅前広場は市民や旅行者で賑わっている。

c0042324_12323219.jpg

c0042324_12324845.jpg

広島電鉄に乗って移動するので「電車一日乗車券」を買う。
一枚600円。これで今日一日市内は乗り放題だ。
市内なら均一料金で150円。
だから四回以上乗るとケイザイになる(^-^)Vブイッ!
早速路面電車で「原爆ドーム前」駅へ。

c0042324_1233331.jpg

c0042324_12333019.jpg

セミの声がひときわ大きい。
あの日も暑い朝だったのだろうね。
合掌。

今回は「爆心地」直下の島病院を探す。
地図を見ながらうろうろ。
原爆ドームからすぐ東側の通りにその場所はあった。
c0042324_12334841.jpg

数人のグループが碑の前でガイド氏から説明を受けていた。
ふむ、ここの上空550から600メートルで爆発したのか。
広島グラウンドゼロ地点に立ち見上げてみる。

この先の停留所から路面電車に乗って次の目的地へ。
「宇品(UJINA)港」をめざす。
c0042324_12343438.jpg

昨年の訪広の際にタクシーの運転手さんから「広島港=宇品港」から
多くの若者が戦地に赴いたと話しを伺い、ぜひともこの目で
港を見たかったのだ。
途中広島日赤病院前を通るのだが、日赤病院という看板とともに
「原爆病院」とあるのを見て思わず姿勢を正してしまった。
被爆当時の建物の一部が残されているのも見える。

広島港からは四国や瀬戸内の各島へのフェリー・連絡船が発着している。
こじんまりとした港だ。
そこで宇品港のことを伺うと
「ここ広島港は埋立地で、当時の港はもっと手前だ」とのこと。
実は宇品港は軍用港として広島駅から宇品港まで国鉄宇品線があったのだ。
それもたったの17日間で整備されたとか
ホームの長さが560メートルもあったとか。
多くの若者が本土での最後の夜をこの地で過ごしたのである。
c0042324_1235714.jpg

c0042324_12352356.jpg

その桟橋も石垣の一部が残っているだけだ。
宇品線の線路跡も記念碑的に残されていた。
今はのどかに釣り人が竿を出している。

穏やかな海面の先は瀬戸内の島々。
そしてその先は...............
ここでも合掌。

今年も広島にて平和を祈念いたしてまいりました。
by settuya | 2011-08-01 12:37 | | Comments(2)