<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

チューリップ

ウグイスの鳴き声がだんだんそれらしくなってきたね。
毎朝「ホーホケキョ」と聞かせてくれる。
その姿は見えないけれど、聞いているとそれなりに大きな鳴き声だ。
雉の鳴き声も耳にする。
先週にはその姿をちょっとだけ見せてくれたっけ。
c0042324_1061566.jpg

我が庭にもやっと花の季節がやって来た。
4月は寒かったもんね。

昨日はとても暖かい好天。
日差しの中で蕾みを膨らませてきたチューリップが咲いた。
c0042324_1073730.jpg

「春」も本番なのだ。
新緑が目にうれしい、大好きな季節だ。
by settuya | 2010-04-30 10:11 | 季節のなかで | Comments(4)

三木・旧玉置家住宅で「歴史」する

このごろのデジカメは本当になんでも出来るのだ。
もちろんハイビジョン動画だって撮れる。
GPSも付いてる。
たいしたもんだよね。
c0042324_2034113.jpg

我がG11でもこんな写真が手持ちで撮れちゃう。
いやはや(^ ^);;
(ISO80、f:8、1/4 by G11 w/ND-filter)


というわけで(°°)☆\(^ ^)バキッ!
三木市内に残る江戸時代からの町屋=旧玉置家住宅だ。
c0042324_2062342.jpg

三木市が音頭をとって一定の改修も施して一般公開してくれたもの。
国登録有形文化財だそうな。
c0042324_2085478.jpg

c0042324_2091194.jpg

c0042324_2093297.jpg

c0042324_2095475.jpg

そこかしこに
昔ながらの匠の技が残されている。
それにしてもすばらしいね。
この辺りを「湯の山街道」と呼び観光の目玉にしようとがんばってるのだ。
旧玉置家を出て街道を東へ歩く。
酒蔵もある。
c0042324_20132441.jpg

その町並みを抜けると「街道茶屋」さんがある。
ここでお昼をいただきましょう。
蕎麦とか豆腐とか、健康に良さそうな自然食材をつかった料理だ。
c0042324_20155887.jpg

二階の飾りつけは古民具などで雰囲気を盛り上げる。
c0042324_2017696.jpg

三木という街はなかなか味わい深い街である。

ところで三木と言えば金物。
そして代表があの「肥後の守」ナイフだ。
最盛期には60軒もあった鍛冶屋さんだが、現在では一軒残っているだけという。
時代といえばそれまでなんだか、なんとも寂しい気がする。
おっと、この話は旧玉置家で解説をしてくださったボランティアさんの受け売りである。

--------本日の___φ(。。)メモメモ--------
国登録有形文化財 旧玉置家住宅
       三木市本町2-2-17
入館料=無料
開館時間=10時から16時まで
休館日=毎週火曜日
駐車場あり=三木市観光協会東側


「健康ミニ会席・夕膳・喫茶 湯の山みち 街道茶屋」
兵庫県三木市大塚201
0794-86-0030
平 日11:00~15:00
土日祝11:00~20:00
by settuya | 2010-04-21 20:25 | 街角ウオッチング | Comments(4)

京都で国宝を観る

c0042324_2024657.jpg

土曜日だというのに、早起き。
それはいつもの朝の散歩に出るためだ。
水仙に朝露。
今朝の日差しは好天気の証拠。
実は今日はお出かけなのである。
c0042324_2044970.jpg

JRの駅から新快速で京都へ。
早朝のホームは旅こころを掻き立てるなあ。
c0042324_206615.jpg

京都駅着。
大急ぎで乗り換え。
今日の目的地はここだ(^0^)/
c0042324_2064780.jpg

京都国立博物館
そう、短期間集中催し中の「長谷川等伯展」だ。

うーむ。
さすがだねえ。
これだけの作品群が一度に鑑賞できるなんて、
なんと幸せなことなんだろう。
国宝中の国宝である絵画を目の当たりに。
感動。

京都で求めたのはこの本。
c0042324_2010252.jpg

「京ごよみ手帳2010」
まあ、体裁は手帳なんだけど、重要なのは中身だ。
解説だ。京都案内なのだ。
c0042324_20113123.jpg

毎日のように行われている京都でのさまざまな行事と暮らし。
さらには京都の街並み紹介や京都ならではの習慣、ゆかりの物語などが
実に多彩に詳細に記されているのである。
これは「買い」だね。
京都好きのあなたにおすすめです。

というわけで、朝からの京都行きは実に充実した一日でした。
感動しました。


--------本日の___φ(。。)メモメモ--------
長谷川等伯展
京都国立博物館
会期 平成22年4月10日(土)~5月9日(日)
    休館日月曜日 ※ただし5月3日は開館
開館時間午前9時30分から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
※ただし会期中の毎週金曜日は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
観覧料一般 1400円(1200/1100円)

京ごよみ手帳(2010)
宮帯出版社(みやおびしゅっぱんしゃ)
京都府京都市上京区真倉町739-1
電話番号 075-441-7747
950円 (税込 998 円)
by settuya | 2010-04-18 20:16 | 季節のなかで | Comments(2)

朝の散策より

キラキラ輝く朝露を身にまとった野辺の若葉たち。
この頃は朝も早くから明るくなってきたね。
c0042324_10343430.jpg

レンズを通して見ると絞り羽根の形にきれいなボケ模様になる。
よく見ると二重丸?三重丸?にも見える。
日が出てしまうと消えてしまう水滴たち。
ぐぐっと寄ってマクロに設定して撮ってみる。
うん、この頃のデジカメは便利になったもんだ。

ちょっと離れて撮るとこういうシーンなのね。
遅咲きのツクシだ。
c0042324_103759100.jpg

上のカットは真ん中付近。

これから庭にはスギナが出てきて草取りのシーズンになる。
いやはや。
by settuya | 2010-04-14 10:41 | 季節のなかで | Comments(4)

蕎麦屋で味わう「春の味」

以前からこのお店を探していたんだけど、
なかなか見つからなかった。
というか、見つけることができなかったのね。
石挽き蕎麦の理庵さん
やっとお店の場所がわかりました。
今から考えると以前にあと一歩のところまで来ていたのだった。

メニューを拝見。
いろいろ迷った結果、ここは「春」を楽しませていただきましょう。
山菜天おろし蕎麦をいただきす。
このお店の4月のお蕎麦だそうだ。
早春の味である
たらの芽・こごみ・菜の花・竹の子 の天麩羅がのったお蕎麦です。
出汁をそのうえからドバッとかけていただきます。
c0042324_19421831.jpg

うーむ。
この天麩羅のほろ苦さが「春の味」なんですなあ。
蕎麦そのものもこのお店らしさが出ております。
最後の蕎麦湯にもらしさ満点。
なかなか楽しめました。
ごちそうさまでした。

--------本日の___φ(。。)メモメモ--------

石挽き蕎麦  理庵(りあん)
神戸市北区鹿の子台北町1-2-10
078-953-3235
by settuya | 2010-04-11 19:44 | 季節のなかで | Comments(0)

花見だ!花見だ!花見だ(^o^)/

お花見です。
やっぱりここに行かなければ(^-^)Vブイッ!
京都・平野神社です。
なにも言うことはありませぬ。
桜花をアップいたしまする。
c0042324_10431879.jpg

c0042324_10432962.jpg

c0042324_10433765.jpg

c0042324_10434834.jpg

c0042324_10435585.jpg

c0042324_1044363.jpg

c0042324_10441053.jpg

c0042324_10441988.jpg

c0042324_10443087.jpg

いいお天気にも恵まれ
楽しい仲間といっしょにグビグビ。
サイコーの一日でした。
ごいっしょくださったみなさん ありがとうございました。
また来年もやりましょう!
by settuya | 2010-04-05 10:46 | 季節のなかで | Comments(2)