<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第11回KDB展

26日から7月2日まで、大阪でグループ展をやります。
私も参加しております。
お近くにお越しの際にはぜひ観に来てください。
c0042324_2136789.jpg

第11回KDB展のご案内

テーマ:橋(ハシ)
会 期:6月26日(15時より)~7月2日
(最終日は15時まで)
    11:00~20:00
会 場:フジハラビルギャラリー(南森町)
 JR東西線 大阪天満宮駅 3号出口 約徒歩7分
 谷町線・堺筋線 南森町駅 4B号出口 約徒歩7分

写真展の場所は......
by settuya | 2009-06-25 21:37 | 写真 | Comments(10)

ブツのやりとり

ブツのやりとり と言っても物騒なことではありません。
お友達のトックリさんからあるものを頂き、あるものを譲っていただいたわけ。
ありがとうございます。
で、そのブツのやりとりの場所がここだ。
c0042324_23134163.jpg

まずはざる豆腐。
ま、これが一番早いのかも。
c0042324_23141891.jpg

そして鱧の霜降り。ほっこりと炙ってあります。
淡路産のハモだけあって、ほんまに美味しい。
c0042324_23144042.jpg

明石鯛のカルパッチョ。旨いうまい。
c0042324_23150100.jpg

揚げ物は岐阜産ソラマメと海老のかき揚げ。
あつあつをいただきます。
c0042324_23152540.jpg

串揚げも注文しちゃいました。
これは塩でいただきましょう。
c0042324_2315447.jpg

愛媛産の豚と鳴門金時のせいろ蒸しです。
金時がほんまにいけますなあ。

ここまででお気づきのようにこのお店の食材へのこだわりがすごいですね。
有機・無農薬野菜にこだわり、
季節ごとに「旬」を料理してくれます。
ありがたいですなあ。

本日の締めはこれだ。
豚しゃぶ(^0^)/(^0^)/(^0^)/
c0042324_23162565.jpg

c0042324_23163882.jpg

それにしても美味しいお料理なのでグビグビもすすみます。
なんとワイン2本もあけてしまいました(^-^)v

お店の名前は「ヒミツ」なんだけど、記念写真は載せておきますね。
c0042324_23172685.jpg

ほんとうに若いご夫婦です。
一生懸命なところがとってもうれしい。
思わず、贔屓にしたいな!と思いました。

しっかり飲んでがっつり食べて、それであのお値段(^0^)/
なんとも素敵なお店です。
ご馳走さまでした。
満腹 満足 幸福 口福。
ごいっしょしてくださったトックリさん ありがとうございました。
by settuya | 2009-06-20 23:36 | グルメ | Comments(6)

紫陽花

梅雨に入って
うっとおしい雨の日が続くのかと思ったら
なんと日中のこの暑さはどうだ!
それでも庭の紫陽花はこの季節らしく咲き出した。
ちょっと工夫して撮ってみました。
c0042324_2054544.jpg

c0042324_20543164.jpg

これらの写真を撮ったのは朝の7時過ぎだ。
PSでリサイズしただけ。
秘密は測光方式の選択にある。
このボディは強烈なスポット測光なので
紫陽花の白っぽい花部分を適正露出にしようとカメラが頑張るんだ。
そうするとグリーンはすべてアンダーになって暗く沈んでくれた。
花の部分だけがスポットライトに浮かび上がったようでしょ(^0^)/

普通に撮るとこうなる。
c0042324_2114221.jpg

こいつは多分割評価測光のいつものG10。
すぐりの実だ。
撮った時間はほぼ同じ。

撮り方でこんな遊びが出来る。
だから写真は面白い。
ね(^-^)v
by settuya | 2009-06-17 21:06 | 季節のなかで | Comments(0)

ログハウスでBBQ

写真友達の別荘に行ってきました。
c0042324_21411084.jpg

琵琶湖畔の山あい。
お天気は暑くもなく、木々を通り抜けてくる風がなんともいい気持ち。
庭にはこんな花も咲いております。
c0042324_21413721.jpg

駅からの道中のストアであれこれ買い物もして別荘へ向かいます。
野菜とか魚介類がとても新鮮で安いのね。
ここはいいところだわあ。
で、どっさり仕入れてまいりました。
c0042324_21441746.jpg

もちろんこれはごくごく一部でっせ(^0^)/

炭が熾きてきたのでさっそく焼き焼き開始です。
c0042324_21445717.jpg

ジュウジュウいい音がして美味しそうな香りが漂います。
うわっ、これはたまりません。
さっそくグビグビのスタートです。
c0042324_21471398.jpg

c0042324_21473253.jpg

c0042324_21475366.jpg

ごいっしょしてくださったお一人からの差し入れも合わせてワインが3本。
大きな缶ビールが6本。
梅酒の缶もあったっけ(°°)☆\(^ ^)バキッ!
しっかり飲んでしっかり食べてしっかりおしゃべり。
楽しい集いです。
ごいっしょしてくださったお一人がなんとパスタを作ってくれました。
c0042324_21502485.jpg

あさりのパスタ。
c0042324_21504666.jpg

アスパラとソラマメの。
それにしても、こんな特技をお持ちとは(^0^)/
いやあ、さすがでございまする。
調味料が足らなくっても工夫なさってとてもすてきでした。

会場になった別荘を解放してくださって、ありがとうございました。
ごいっしょくださったみなさん、ありがとうございました。
素敵にリフレッシュできましたです。
ご馳走さまでした。
by settuya | 2009-06-14 21:57 | 季節のなかで | Comments(6)

旬のはしり

なんでも早いほうがありがたいんだよ!
特にグビグビではね。
そう、旬の肴のことだ。
お仲間と一緒に行ってきました。
ここだ。
c0042324_112256.jpg

梅雨入りになってこれからが「旬」の肴と言えばこれだ。
c0042324_113847.jpg

c0042324_1133091.jpg

そう、鱧です(^-^)/(^o^)/(^-^)/
祇園祭の頃が最盛期なんだけど、
ちょっと早く初鰹ならぬ「初鱧」である。
湯引きに刺身にそして皮も盛り合わせ。
梅肉と芥子でいただきます。
ううーん。
鱧肉の、この食感とほのかな甘さがたまりませぬ。
パックになって売られてる鱧ちゃんとは雲泥の差。
鱧って、こんな甘さを秘めてたのね。
美味しい。
鱧皮を炙ったのはほんの短時間だけポン酢に漬けてからいただきます。
ううっ。
絶品じゃあ(^-^)/
歯ごたえがいいですなあ。
お酒がすすみます。

ちょっと箸休めじゃあないんだけど、鰯の酢漬け。
c0042324_11122795.jpg

おお、鰯くんよ。
今や鰯も高級魚の仲間入りしてたっけ。
でもこの旨さならそれも許しちゃおう。

締めはこれだ。
c0042324_11125610.jpg

大皿の盛られた鱧、はも、ハモ、鱧!
これをささっと湯通ししていただくのね。
うま、旨、美味!
c0042324_11131754.jpg

鍋の仕上げは中華麺。
さらにそうめん。
さすがに雑炊まではもうはいりません。
お腹一杯。

口福。幸福。満腹。満足。
ご主人におかみさん
いつもありがとうございます。
ご一緒くださった方々、ありがとうございました。
ごちそうさまでした。
by settuya | 2009-06-11 11:20 | グルメ | Comments(6)

極楽チェア

いつもの通勤途中
石垣にこの花が満開。
c0042324_11192826.jpg

見事だね。

この週末はいいお天気。
日曜大工でこんな整理棚を作ってた。
しかも二組。
c0042324_11213714.jpg

嫁からの注文。
これですっきり整頓できる......................
はずなんだけどなあ。
まあ、一時の気休めかもね。
夕方になって日差しが柔らかくなってきたので芝生に持ち出したのは
我が家の「極楽チェア」だ。
c0042324_11315273.jpg

ごろんともたれて冷えたビールをグビグビ。
嫁さん孝行も出来たし日曜大工も堪能したしね。
クーッ
この一杯がたまりませんなあ。
素足に芝生の感触が気持ちいい。
気分はリゾートだぜぃ(^-^)Vブイッ!
by settuya | 2009-06-08 11:32 | 暮らし | Comments(10)

1000円のドライブ

ETCが付いたのね。
やっと。
これで週末の高速は1000円で乗り放題だぜい(^-^)Vブイッ!
というわけでドライブして来たのね。
舞鶴道。そこから出石、豊岡、城崎そして香住へ。
いい天気。
優しい施策のおかげで、気分も軽い。財布も軽い。

目的地はここだ。
香住の大乗寺
別名応挙寺。
c0042324_14444523.jpg

この背中、円山応挙先生だ。
円山応挙と言えば有名な江戸時代の絵師で円山派の始祖だね。
写生を重視した画風で今でも京都にその流派が引き継がれてるそうな。
彼の作品と一門の画家達の作品がこのお寺には165点も残されてて
国の重要文化財に指定されてたりする。
その理由は修行中の円山応挙が大乗寺の住職密蔵上人に援助を受け、その恩返しに一門とともに客殿に描いたのが現在に残されてるんという。
応挙の手がけた襖絵は「孔雀の間」「芭蕉の間」「山水の間」の三間。
孔雀の間の襖絵は、16枚の金箔地襖に水墨で3羽の孔雀と松、岩を描いた大作。
これがすばらしい。
そしてこれが円山応挙の最後の作品だそうな。
この作品を描けあげた3ヵ月後の7月17日、京でなくなってるからね。
c0042324_14454935.jpg

以前来たときには「ホンモノ」がごくごく普通に寺の襖として飾られていたんだけど
さすがに何百年も経ってくるとそれではまずいでしょ。
というわけでデジタル技術を駆使してみごとな複製を完成させ、ホンモノはキチンと
立派な保管庫に。(これは春秋の年二回公開される)
今回見てきたのはそのデジタル複製画だ。
でも、ちゃんとおねえさんが解説してくださるし、障子越しの光と電灯の灯りのもと
その見え方の違いも味合わせてくれる。
また厚かましくも近くまで顔を近づけて見つめることも出来る。
これらの絵画が描き上げられた頃の彩りを再現してあるという。
エライ技術の進歩ですなあ。
素晴らしい日本画の世界をしっかり堪能させていただきました。

で、せっかく香住まで来たんだもの。
やっぱり今日のグビグビはここでしょ(^-^)/
三七十鮨(みなとすし)さん
c0042324_14441936.jpg

c0042324_14434457.jpg

「動いていない」お寿司をいただくのは久しぶりやんか!
(°°)☆\(--メ)バキッ!(°°)☆\(--メ)バキッ!
わははははは
さすがにお値段とおりに旨いね。
赤出汁をつけてあのお値段。
ふむふむ(以下 略)

帰路、立ち寄った道の駅で「があぶう」わはは牧場さんのベーコンを
見つけたりしながら1000円のドライブを楽しんだ一日でした。

大乗寺
住所:兵庫県美方郡香美町香住区森 860
開館時間:午前9:00から午後4:00(受付午後3:40迄)
内拝料:大人/800円 子供/500円(小学生)
駐車場:有り


三七十鮨
0796-36-1262
住所 兵庫県美方郡香美町香住区香住1772
営業時間 11:00~21:30
定休日 火曜(祝日の場合は翌日休)
by settuya | 2009-06-02 14:49 | | Comments(2)