<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

中判カメラで遊ぶ【ツァイスイコンタ スーパーシックス】

此の頃は気が向くと銀塩フィルムカメラを持ち出してる。
片手にはデジカメ。
もう一方の手に銀塩フィルムカメラというスタイル。
フィルムからデジタルに時代はどんどん移っていき、キヤノンなどはその生産累計が一億台を突破したとかしないとか。
えらい時代でありまする。
だからといって手元にやってきている昔からの銀塩フィルムカメラを保管庫に仕舞い込んだままというのは、カメラたちにとってかわいそうだ。
というわけで時々はフィルムカメラたちを持ち出してる。
そんなsettuyaの手元に最近やってきたのがこれ(^-^)v
c0042324_2359793.jpg

ツアイスイコンタスーパーシックス というそうな。
1935年にⅠ型が発売されたというからもう70年以上も昔のこと。
これは多分Ⅲ型だからそこまで古くはないだろうが、それでも半世紀以上は以前のものだろう。
 (詳しい方、お教えくだされ)
フィルムの装てんから一枚目のシャッタをチャージするまでの「お作法」がなんともツアイスらしい。
普通は120フィルムで6×6が12カット撮れるのだが、これは11カットしか撮れない。
露出の設定もフィルム送りもシャッタチャージもすべてマニュアル。
これがまた、楽しい(^-^)v
蛇腹部分が折りたためるので仕舞い込むとコンパクト。
それなりに重いけど。

作例をふたつ。
c0042324_0102346.jpg

c0042324_0103579.jpg

レンズはテッサー80ミリF2.8が付いている。
よく写る。
こういうのを見るとカメラはほんとうに進化してきたのか?などとうそぶきたくなるね。
by settuya | 2008-08-21 00:16 | カメラ | Comments(15)

グリコの夜景(^o^)/

c0042324_12385955.jpg

いよいよ夜景を楽しもう。
ボートのメーターにも照明が入る。
光が流れる。
船も揺れる。
なんともぶれぶれじゃん(°°)☆\(--メ)バキッ!
ほほほほほ
c0042324_1241773.jpg

c0042324_12412373.jpg

ウオーターフロントということで、遊歩道も整備され夕涼みの人たちも三々五々散策中。
なかには浴衣姿のおねえさんも。
なんともいい感じです。
c0042324_1243292.jpg

ここの観覧車も評判だそうな。
今時のアミューズは本当に多種多様だ。

c0042324_12443495.jpg

グリコの夜景。
うーん。
やっぱり目線が惹かれるなあ>左のビールCM(^ ^);;
そろそろグビグビはじめようぜぃ!
by settuya | 2008-08-12 12:52 | 街角ウオッチング | Comments(4)

船上からの目線

クルーズは天満警察前から堂島川を下り、木津川を経て道頓堀川を回るコースと
土佐堀川を戻って道頓堀川に向かうコースの二通り。
途中船足を伸ばして寝屋川に入り大阪城のそばにも行く。
川面から眺める大阪城というのも見事なモノだ。
c0042324_1148677.jpg

ここがセーヌ川ならばタワーのかわりにノートルダムの教会か(^ ^);;
それにしてもこの高いビル郡が出来たおかげで大阪城がなんともかわいそうだ。
c0042324_11511316.jpg

木津川からは大阪ドーム球場が見える。
ここに船着き場があるの、知ってた?
船で乗り付けてタイガースを応援するなんて、素敵やんか!
やってみたいね(^-^)Vブイッ!

河川の水位を調整するための水門もちゃんとあるんだ。
c0042324_115436100.jpg

これ木津川からの道頓堀川へ向かうための水門。
もちろん事前連絡しておかないと開けてはくれない。
水門の開閉にはそれなりの時間がかかるけどゆらゆら揺れながら待つのも乙なもの。
もうひとつの水門は道頓堀川から堂島川へ向かうところにある東横堀川水門。
c0042324_11571246.jpg

橋や水門の管理は大阪市建設局さん。
なんとも大変なお仕事だなあ。
このふたつの水門の間に有名な「グリコ」の看板=心斎橋=がある。
c0042324_11593948.jpg

戎橋の上から見ても大きな看板だけど、下から見上げるとほんまにでっかい。
船の上はお天道様直射だからね。
暑い、暑い。
というわけで左のビールの看板に惹かれてしまうsettuyaでありまする。

c0042324_1215967.jpg

あちこちカメラを向けているあいだに黄昏てきた。今日はそこそこの夕焼け。
さあ、いよいよ夜間クルーズだ。
(つづく)
by settuya | 2008-08-12 12:04 | 街角ウオッチング | Comments(0)

浪花八百八橋を下から観ると

夏の一日を大坂市内の河川に船を出して川面からの景観を楽しもう(^o^)/
というなんとも風流な催しにお誘いいただいた。
八百八橋というぐらい橋が多く、堂島川や土佐堀川・道頓堀側などでの水運で栄えた大阪だ。
大阪の街はそれほど詳しくはないのだが、「陸上」を歩き回ったことは、ある。
心斎橋の戎橋などはタイガースが優勝したときの飛び込みで有名だが「下から」見上げたことはない。
わくわくしながらチャーター船に。
振り返ると大阪市庁舎。
というとこの橋は大江橋だ。
c0042324_1345759.jpg

べつに某府知事にあやかったわけではないが、「橋の下」からの景観をご覧くだされ。
c0042324_1362766.jpg

c0042324_1363695.jpg

c0042324_1364910.jpg

c0042324_1365852.jpg

c0042324_137832.jpg

c0042324_1371869.jpg

水上バスや観光船の背丈がえらい低いなあと思っていたけど
その理由が実際にいくつもの橋をくぐってみて了解できました。
橋桁の高さが実にさまざまなんです。
もちろん橋のデザインも規模もそして構成材も違うのだけど川面と橋桁との高さが一番低いところでは船上で立ち上がると頭をぶつけてしまうぐらいしかない。

それにしても水上からの大阪の街並みは実に新鮮な風景だ。
これはいい。
夕方から再び「夕焼けクルーズ」に出る。
夜景のカットはまた後でアップします。

企画していただいたY氏はじめ関係のみなさんに感謝。
by settuya | 2008-08-11 13:14 | Comments(2)

小ナスが美味い

夏である。
夏野菜で元気をつけましょう。
暑さを乗り切れるように夏野菜のパワーをいただきましょう。
茄子
カボチャ
トマト
オクラ
トーモロコシ 等々 夏ばてに効くぞ(^o^)/
c0042324_1147583.jpg

ということで小ナスをちゃちゃっと炒めて味噌で田楽風に。
これで冷酒をグビグビ。
一口サイズなのであっという間にお腹の中に。
カボチャは炊きたてほっかほかもいいけど、冷えた方が旨い。
完熟トマトの入ったサラダもいっしょに。

夏の夜はこれだね。
あ、冷や奴も食べたい(^ ^);;

ところで................
c0042324_1150132.jpg

こんなんが手元にやってきました。
さて、どんな音がでてくるのでしょうね。
楽しみです。
by settuya | 2008-08-06 11:55 | 季節のなかで | Comments(0)

山獲で蕎麦

それなりに話題になっておった「山獲」の蕎麦。
行かねば!
ということで行ってきました(^o^)/
以前の場所から移転してかなり広くなっている。
駐車場スペースもたっぷり。
c0042324_15572712.jpg

山麓にあって三田郊外の田園風景を眺めながら蕎麦をたぐる。
c0042324_15575029.jpg

十割蕎麦ということでちょっと黒っぽいけれど、美味い。
風がなくって残念だったけれど、開けっ放しの部屋にきっと涼しい風が吹き抜けるんだろうなあ。
c0042324_1558696.jpg

いっしょに出てくる薬味の山葵は鮫皮でおろす。
香りがいいなあ。

帰りにご主人と玄関で立ち話。
ここは蕎麦だけでなく猪や鹿などを炭火焼きでもいただける。
なぜなら、ご主人は漁師さんなのだ。
猪にやられた猟犬の敵討ちの話しなどをお聞きした。
猪の行動範囲はなんと半径四十キロにおよぶそうな。
ということはこのお店からだと南は六甲山も入る。
北はもちろん篠山だ。
そんな広範囲の山の中を追いかけ回しての仇討ち話。
いやはや、えらいもんです。
その剥製がお店の玄関右側に掲げてある猪だそうな。

今度は炭火焼き料理でグビグビしたいもんである。

山獲
兵庫県三田市下槻瀬50の1
by settuya | 2008-08-04 16:11 | グルメ | Comments(0)