<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

銀の馬車道

新緑に誘われてこんなところに行ってきました。
c0042324_1501697.jpg

大同2年(807年)に開坑という生野銀山。
「佐渡の金」に「生野の銀」と、日本史のなかで欠かせない鉱山です。
c0042324_15322798.jpg

今は鉱山公園としてその遺構が保存されてます。
c0042324_1543679.jpg

露天掘りの跡もあるのですがやっぱり地中深く掘り進んで採掘されておったのですね。
坑道の長さは総延長350キロ。深さは1000メートルにも及ぶというもので、
実際に坑道の中を歩いてみると想像以上のすごさにちょっと感動。
それこそ江戸時代までは全部人力=手掘り=だったんだもんなあ。
c0042324_15194214.jpg

ここで昼食。「銀山定食」(^-^)Vブイッ!
うーん。普通の山菜うどんと同じように見えるけどなあ。
もっとも「金粉」ならぬ「銀のふりかけ」なんてのが出てくるとちょっと怖いけど。
おほほ

明治になって文明開化。
明治の始めに生野から飾磨港の間、約49kmを結ぶ道として馬車専用道路=銀の馬車道=が新しく作られたそうな。
当時のヨーロッパの最新技術を導入して造られた今の産業高速道路というもの。
正式には「生野鉱山寮馬車道」と呼ばれたそうです。
いやあ、知りませんでした。ニッポンの高速道路は兵庫県が始めてなんです!
この道路のおかげで輸送は天候に左右されず、コストも8分の1にできたといいます。
もちろんこの道はいまではほとんど残っていませんがご当地では観光の目玉にしようと企画中。
ハイキングとかサイクリングでその道をたどってみる企画とか、
c0042324_15303436.jpg

こんな列車も走ってます。

c0042324_15485591.jpg

ここは福崎の町。
道幅の狭い、車一台通れるかなというこの通りが銀の馬車道だったところ。
街並みのなかにひっそりと残っているんですね。

生野の街もちょっと散策してみました。
鉱山から当時の工場までトロッコで運ばれたわけですがその軌道跡が残されてました。
c0042324_15382887.jpg

石積の様子も欧風です。

繁栄した当時を忍ばせてくれます。
今の生野の街は静かな山間の町です。

新緑を楽しみに行ったのになんだか「オトナの修学旅行」みたいになってしまいました。
by settuya | 2008-04-28 15:48 | | Comments(6)

庭は花盛り

桜はもう散ってしまいましたが庭には一斉に花が咲き始めました。
c0042324_1147821.jpg

c0042324_11473388.jpg

c0042324_11475779.jpg

c0042324_11481348.jpg

c0042324_11482520.jpg

c0042324_1148355.jpg

それに合わせて「雑草ちゃん」も出てきておりまする。
草抜きが大変。
by settuya | 2008-04-22 11:49 | 季節のなかで | Comments(4)

生田神社の春祭り

4月14日は生田祭(いくたまつり)だ。
生田神社は中央区と兵庫区にまたがる氏子地を持っているので生田祭には地域を12に区分けし、輪番で祭りの当番を受け持つそうな。
今年は「元町・栄町・海岸通」地区が担当。
揃いの法被に「元栄海地区」と染めた鉢巻きをキリリ。
赤鳥居をくぐって境内にもどってきた御輿。
「案外小さいなあ」と思ってたら小さいのには理由があった!
c0042324_116143.jpg


山門をくぐって本殿前へ。
ゆっくりとゆっくりと。
c0042324_1162812.jpg


境内を練り回る。
そのときなんと御輿を放り挙げるのだ。
宙に舞う御輿が揺れる。
若い衆のかけ声も一段と大きくなる。
クライマックスだね。
c0042324_1164050.jpg


本殿の前でいなせなお姉さんが唄いを奉納。
c0042324_1165531.jpg


天蓋の飾りに注意を払いながら無事に本殿に納まる。
確かに御輿を放り挙げたり本殿に納めたりするんだからこのサイズなんですね。
c0042324_117720.jpg

大きな拍手が湧いた。
見物人のなかに外人さんの姿も見え、屋台のお兄さんが話しかけられて閉口してた。
伝統行事の説明は英語では難しいもんなあ。
by settuya | 2008-04-15 11:19 | 街角ウオッチング | Comments(2)

春の信州

お休みをいただいてちょっと信州へ。
信州も「春」のはず..........だったのだが(^ ^);;
c0042324_1591665.jpg

日当たりの良い里山にはもう雪も残っていないようだが、山蔭にはまだまだ雪が残っている。
見事に晴れた空のもと、白馬三山は雪の中だ。
c0042324_15113224.jpg

清流の土手にはふきのとうが芽吹き、福寿草が咲いている。
早春の風情だね。
まだまだ桜にはほど遠い。
「これから梅が咲いて、それからですよぉ」
とは地元の方から伺ったお話。
桜を求めて高遠まで足を伸ばしてみたけど、ここもまだまだつぼみが固い。
2週間は早かったね(^ ^);;
道中の伊那地域ではこんな見事な桜の老木が花盛りだったのにね。
c0042324_15182361.jpg

やっぱり信州は寒いんやねえ。

桜には早かったけれど、雄大な風景と温泉そして地酒グビグビでリフレッシュ。
いいお休みになりました。
by settuya | 2008-04-08 15:24 | | Comments(6)

神戸も満開(^-^)Vブイッ!

先週末の京都ではみごとな桜を楽しみました。
今日は神戸・生田神社です。
ここの桜もいよいよ満開☆"v(^-^)やったね!
c0042324_1585771.jpg

若いお嬢さんたちが熱心に詣っておられました。
なんせここは今や全国区的知名度だもんなあ。
境内をぐるっと回って一休み。
c0042324_15103447.jpg

カプチーノを一杯。
ううっ、ココアパウダーはうまく振りかけてね(^ ^);;

春の昼下がりです。
by settuya | 2008-04-02 15:15 | 季節のなかで | Comments(2)