<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

モーニングセット

先日は京都へ朝一番で出かけたのでどこかで朝食を摂りたいと駅地下へ。
わがど田舎から出てくるのだからえらい時間がかかる。
そんな日は朝ご飯抜きだったりする。
c0042324_8511673.jpg

京都駅前の地下街。
地下鉄への乗り換えでこの喫茶店はよく知っている。
簡単にトーストと珈琲にしようと思ったんだけどモーニングセットに急遽変更。
だって、お隣のテーブル、とっても美味しそうだったんだもん。
c0042324_8512544.jpg

これがそのアップ。
さすがはイノダコーヒーだね。
彩りも綺麗。
でっかいハムとスクランブルエッグもいいねえ。
出先での小さな楽しみは朝のコーヒーとモーニングサービスかもしれない。
by settuya | 2007-03-28 09:03 | グルメ | Comments(10)

大判写真展 ありがとうございました。

c0042324_911491.jpg

20日から京都市美術館で開催されておりました日本大判寫眞家協会主催の大判写真展が25日にて閉幕。
昨年度よりも入場者数も増え、盛会のうちに終了できました。
会場にて直接お会い出来たみなさま、そしてお会い出来なかったみなさま。
ほんとうにありがとうございました。

今年は5月には広島で、8月には神戸でも開催されます。
よろしくお願いします。
by settuya | 2007-03-26 09:14 | 写真 | Comments(12)

大判写真展開催中(^o^)/

20日から京都市美術館で始まった大判写真展に拙作も出展しております。
c0042324_12274390.jpg

この写真展は京都では25日までです。
3月20日から25日  京都市美術館 本館
そのあと、
5月1日から6日    広島県立美術館 県民ギャラリー
8月28日から9月2日 兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー
で開催されます。
ぜひご覧くださいませませ。

会場からちょっと南へ散策していただくと有名な清水寺界隈です。
今回発見した「絵はがき的ビューポイント」からのカット。
c0042324_12333757.jpg

桜が満開になるころはさぞや素晴らしいんでしょうね。
c0042324_12345263.jpg

産寧坂から知恩院方面にぶらぶら散策をしました。
それにしてもえらい人出です。
さすがは京都です。
c0042324_1235345.jpg

歩き疲れた頃にはそろそろ黄昏れてきました。
さあ、これから湯豆腐でグビグビです(^o^)/
by settuya | 2007-03-22 12:38 | 写真 | Comments(8)

餃子を食べに安曇野へ

週末、あんまりええ陽気だったので餃子が食べたいなあと想ったわけ。
で、車を走らせて餃子屋さんに行ったわけ。
ちょっと遠かったけど(°°)☆\(--メ)バキッ! 信州へ。

c0042324_1553479.jpg

ちょっとアップにすると、こんな感じ。
c0042324_15541947.jpg

このかたちを見て「あっ」とつぶやいた人は餃子通です。すごいですぅ。
信州・穂高駅からすぐの、あずみの餃子店の餃子です。
一回目はそのままなにもつけずにいただきます。
二回目は自家製のラー油だけで。
そして三回目はそれにお醤油を加えていただくと美味しいそうです。
餃子の皮もしっかりしてるし、具も十分に入ってます。
確かに「餃子を主食に」と考えてはるお店の主張がでておりますなあ。

焼き餃子も美味しいけど、もう一つの看板料理はスープ餃子鍋だ。
c0042324_15572898.jpg

スープには出汁がとってあって、そのままスープも一緒にいただきます。
なかなかもちもちしてて美味しいです。

うーん。
餃子を食べるために信州まで走るかあ!?
settuya的にはミン※ンの餃子風なほうが合ってる気がしますが、まあ、こういうスタイルもありかなと......。
お昼時でしたので満員でした。
有名店なんですね。

あずみの餃子店
長野県安曇野市穂高7590-10
  0263-82-9932

すみません。
餃子を食べるためだけに信州まで行ってきたというのは大嘘です(^ ^);;。
実は早春の信州へ雪山・雪景色を撮りに行ったのでした。
そのついでにあずみの餃子屋さんに立ち寄ったというわけ。
でも暖冬で山に雪が少なく、それらしい風景には出会えずでした。
あちこちうろうろして四賀の福寿草群生地へ。
なんとか早春らしいカットを撮ってきました。
ここも例年ならば雪のなかで可憐に咲いてるカットのはずが、ご覧のように雪っけは無し。
なんだかなあ。
今年の冬はえらいことです。
c0042324_15575358.jpg

by settuya | 2007-03-20 16:13 | グルメ | Comments(10)

辛いのはお好き?

お仕事が一段落したので ブログ友達とグビグビにお出かけ。
メンバーの1人が「辛いのが大好き!」ということでタイ料理のお店だ。

タイ料理というとトムヤンクン!
c0042324_15473246.jpg

辛さのなかに甘さがあって、絶妙です。
ここはシェフがタイの人だそうな。
人気のお店らしくって満員だ。
お店にを入ったとたん、香辛料の独特な匂いが食欲をそそります。

タイ風焼きそばのバッタイです。
c0042324_1550112.jpg

これもまた、旨いねえ。
タイのビールをグビグビ。
追加にワイン。

空芯菜とかぱりぱりサラダとか「むにゃむにゃ」とか(°°)☆\(--メ)バキッ!
お料理の名前ぐらいは覚えておきましょうね。
ははは
c0042324_15522083.jpg

c0042324_15532459.jpg

c0042324_22371721.jpg

このお店では辛さを5段階で注文できる。
5番が一番辛い。
1番は一番辛くない。
とすると3番が中庸ということで、最初に3番でお願いしておいたのだが、
なかにはけっこうな辛さのものもある。
同席したみなさんは平気でむしゃむしゃ。
こっちは汗をかきながらいただきます。
辛い料理だとグビグビもすすみますね。

帰りに駅前のバーに立ち寄っておしゃべりの続き。
わいわいと、辛いディナーの夜は更けていくのでありました。

バーンタイ
078-391-0545
住所 神戸市中央区北長狭通1-8-8 シンセイドウビル1F
by settuya | 2007-03-16 16:03 | グルメ | Comments(6)

春の日差し

暖かい春の日差しのなか、街歩き。
といっても所用のついでにカメラ持って出てきただけ。
でもやっぱり季節は春だねえ。
おだやかな陽気だ。
c0042324_10233878.jpg

昼ごろにはここのテラスカフェも満席になるんだろうね。

このごろはGRDはモノクロモードにしてる。
なんとも楽しい。
by settuya | 2007-03-12 10:25 | 街角ウオッチング | Comments(12)

鬼平犯科帳#17「鬼火」=そばがき=

時代小説にご存じ「鬼平犯科帳」シリーズがある。
長谷川平蔵が活躍する捕物帖だがけっこう好きなんですね、この作家さんの小説。
そのなかにこんなくだりがある。

 お熊は手早く、平蔵と松永の御代りのと、そばがきを二つこしらえた。
   さすが年の功で、こね方がまことに程よい。
   きざみ葱を散らし、醤油をかけまわしただけの〔そばがき〕なのだが、
  「こいつを、何年ぶりに口にしたことか……」
   さも、なつかしげに箸で千切って口に運びつつ、平蔵がいった。

また、お江戸では蕎麦屋でまずイッパイというのがごく「普通」に行われているらしい。
関西ではうどん屋で一杯というのは、はやっていない。
ざるをたぐりながらの一杯もいいが、時間があれば揚げたての天ぷらを肴に蕎麦屋でイッパイというのがいいね。
で、そばがきである。
これでグビグビするというのは関西人でも楽しいもんである。
ましてそばがきが「久庵」のもので、それで蕎麦湯で割った蕎麦焼酎をグビグビ!とくれば、もうなにも言うことは、ない。
あったかい蕎麦湯割が寒い季節にはうれしいね。
c0042324_136529.jpg


久庵
078-531-7899
兵庫県神戸市兵庫区塚本通6丁目1-3
by settuya | 2007-03-07 13:10 | グルメ | Comments(17)

味加味ワイン2007

c0042324_13193911.jpg

今年もやってくれました(^o^)/
味加味のワインパーティーです。
もちろんktokuriさんといっしょに行ってまいりました。
堪能いたしました。
20種類のワインが飲み放題。
しかもコース形式のお料理付きです。
しっかり楽しませていただきましたです。
ごちそうさまでした。

いただいたワインとお料理は......
by settuya | 2007-03-05 13:35 | グルメ | Comments(21)

日本大判写真展のご案内

今年も京都を皮切りに大判写真展が開催されます。
ご案内申し上げます。

c0042324_12382815.jpg


3月20日から25日  京都市美術館 本館
5月1日から6日    広島県立美術館 県民ギャラリー
8月28日から9月2日 兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー

今年は京都だけでなく、神戸でもそして広島でも開催できることになりました。
拙作も出しております。
ぜひお越しくださいませませ。
by settuya | 2007-03-01 12:42 | 写真 | Comments(13)