<   2005年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

あの暑かった夏の日......

c0042324_22483237.jpg

この頃朝夕涼しくなった。確かにね。
でも日中の日差しはまだまだ厳しかったけれど、それもおとなしくなったように感じない?
ホームでの電車待ち。
ひとかたまりになってお話しながら次の電車が来るのを待っているおばさんたち。
それにしても日傘での完全ガード。
おみごとであります。

今日この頃はもうこんな姿も見なくなった。
秋に一歩一歩近づいているんですねえ。
by settuya | 2005-08-30 22:52 | 日常 | Comments(12)

さかさの招き猫

c0042324_22135831.jpg

どっかで見たことがあるかも,,,,,,と思ったら某フィルム会社の宣伝猫に似ている。
こっちは手にパチンコ玉を持ち逆さになってゆっくり回っている。
なんとも土派手な宣伝看板?だ。
さすがはミナミやなあ。
さかさの招き猫とはなんちゅう発想や!
思わず見とれてしまった。
by settuya | 2005-08-29 22:13 | 街角ウオッチング | Comments(10)

明治軒のオムライス

c0042324_22362916.jpg

今週もミナミまで出たので教えて頂いた明治軒のオムライス+串をいただく。
4時過ぎという中途半端な時間だったのでうまく席も空いていて調理場が望めるカウンター席でビールを飲みながら出来上がりを待つ。
程なく出てきたのがこれ(^0^)/
串カツはビールにちょうど合う。これはええ。串も5本なので瓶ビール一本に適量だ。
掛けてある(漬けてある)ソースがグッド。
ビールを空けてからおもむろにオムライスに取りかかる。
ふむふむ。
これが創業昭和元年という明治軒のオムライスなんや!

個人的にはライスがちょっとねばりというかしっとりしていてsettuyaの好みとは違う路線だ。
これがここの特徴なのだろうね。
お店の雰囲気も接待も老舗らしい。
今度は違う料理で再訪問したいものだ。
c0042324_22464583.jpg

大阪の有名人といえばこの食い倒れのおっちゃんやね。(^0^)/
いっしょに記念撮影する人たちが引きも切らない。
つぎつぎと入れ替わり立ち替わり記念写真を撮って行く。
さすがは有名人。いやな顔ひとつせず黙々と太鼓をたたいてはる。
by settuya | 2005-08-28 22:48 | 街角ウオッチング | Comments(16)

ピントスクリーンの交換

お気に入りのデジタルカメラのひとつがSD10だ。
まあ、好き嫌いや賛否両論のある撮像素子を使っている楽しいボディ。
その画像は当たればすごいんだけどね(^ ^);;

デジタルSLRカメラの問題点のひとつはピントスクリーンがプアなことだ。
オートフォーカスになってから特にC社は素通しのスクリーンになってしまい、MF時代の技術的財産が引き継がれていないことは残念。しかたがないのでピントスクリーンの交換にチャレンジしたりする。settuyaのD60にはMinolta-Mスクリーンが入っている。

SD10のスクリーンもやっぱりプアである。
マクロレンズでの撮影ではマニュアルでのピントチェックが欠かせないね。
そこでピントスクリーンの交換にトライしてみた。ニコンのMFカメラ”FA”のスプリットイメージスクリーンを加工してオリジナルと交換してみる。カットアンドトライの繰り返しで何度も何度も微調整を繰り返しやっとほぼ満足いくように加工できた。
これで絞り開放付近でのマクロ撮影もばっちり(^-^)Vブイッ!

ただ、素人加工なのでファインダーを覗いたときに見た目美くしい仕上がりではないけれど実用品ということで我慢しよう(^ ^);;
わははは

c0042324_20492954.jpg

SD10+18-50mm/絞りF2.8AE
マニュアルピント合わせにて撮影 ピント位置は二枚目の葉だ
もちろんすべては自己責任でメーカー保証はなくなる
by settuya | 2005-08-27 21:10 | カメラ | Comments(11)

残暑お見舞い申し上げます

まだまだ暑い日が続きます。
もりもり食べてしっかり飲んで
いつも片手にカメラを持って
残暑の日々を乗り切りましょう(^o^)/
c0042324_10403695.jpg

                ライツCL+ロッコール40mm@JR新長田
by settuya | 2005-08-26 10:46 | 街角ウオッチング | Comments(12)

自由軒の名物カレー

c0042324_2356640.jpg

阪神が優勝したら今年も飛び込むんやろか?
でも大改造してるからなあ。無理かもね。
工事中の橋のうえからこれまた浪花名物のグリコの看板。
やっぱりそれを背景に記念写真撮ってはります。
c0042324_23563846.jpg

法善寺の水掛不動さんと夫婦善哉屋さん。
ここはどうしても欠かせません。
やっぱりこの辺まで来ると立ち寄ってしまいます。
c0042324_23571446.jpg

そして織田作之助でも有名な自由軒のカレー。
この店ののれんには「大衆洋食」と書かれてます。
なんとなくレトロですなあ。
カレールーが始めからご飯と混ぜてでてくるのはここぐらいでしょうね。
玉子と一緒にいただきます。
辛くないんですがなんとも懐かしい味。

キタとは違う別の街みたいな「ミナミ」ですがさすがはディープであります。
by settuya | 2005-08-23 23:56 | 街角ウオッチング | Comments(15)

自転車の街=大阪

用事があって難波に出かけた。
大阪梅田まで出るだけでも大変やのに難波までやで!えらいこっちゃった。
なんとか難波まで行けた(^ ^);;
c0042324_22163416.jpg

用件を済ませてちょっとカメラ散策。
それにしても大阪っちゅう街は自転車であふれてるなあ。ここはパチンコ屋さんの横。
まるで道路が駐輪場やん。
それでもちゃんと整理しはるおとうさんがおられたのにはちょっと感心。
c0042324_22173853.jpg

道頓堀まで歩いて来れた(^-^)Vブイッ!
すごいなあ。
有名なカニ屋さんの前は焼きカニの足を買うひとで列が出来てる。
ええ匂いや。
何故か手前の一角だけ自転車でいっぱい。
大阪はほんまに自転車の街なんやねえ。
c0042324_22181933.jpg

もうひとつの用件であるプリント用紙を求めて「カメラのなにわ」へ。
入り口になんと蛇腹カメラが!!
これはでっかいわあ。なんでもポラ1カットで数万円するらしい。
もちろん特注するんやろね。
街頭で呼び込んでいたおねえさんに無理言ってそばに立ってもらった。
その大きさが想像できるやろ。
おねえさんの後ろにちょこっと見えるできあがり写真がこれで撮ったベタ焼きプリント。
世界に数台しかないと店員さんが豪語してはったけど、そらそうやろ。
こんなんで何撮るねん?
フィルムそのものも無いやろしそれこそイメージサークルのでっかいレンズ探すのが大変やで。
それにしても大阪にはいろんなもんがありますね。
by settuya | 2005-08-22 22:30 | 街角ウオッチング | Comments(8)

暑い一日

c0042324_22392951.jpg

信号待ちで停まっているところへ「どん!」
みごとに追突されてしまいました。
と思ったら逃げ出してしまいやがった!!
あれよあれよと言う間に急加速で逃げる逃げる。
くそっ!
卑怯なやつだ。

それでなくても暑いのに、ますます暑い一日になってしまいました。
まったく(+_+)トホホです。

車は後ろのバンパーがへっこんでます。
あぁあ(^ ^);;
by settuya | 2005-08-20 22:54 | 季節のなかで | Comments(11)

信濃路4)お花畑

c0042324_6584620.jpg

夏の信濃路、道々に花があふれている。
あちこちで見かけた花を特集しましょう。
すでにコスモスも咲き出してました。
c0042324_6591845.jpg
c0042324_6594023.jpg
c0042324_6595660.jpg
c0042324_701048.jpg

短い夏は駆け足で走り抜けていきます。
by settuya | 2005-08-19 07:00 | | Comments(12)

信濃路3)万治の石仏

諏訪大社のそばに「万治の石仏」と呼ばれる一体の石像が祀られている。
c0042324_0275910.jpg

c0042324_028386.jpg

かなり大きさのある一個の石をそのままに頭を添えてレリーフであつらえられた石仏だ。
なんでこれだけがぽつんと田圃のなかにあるのか?
実に不思議だ。
諏訪大社は小さな川を挟んで隣り合わせているのだからその気になれば境内にでも安置できたはずなのにね。
c0042324_0284835.jpg

c0042324_029070.jpg

いわくがある石仏であるのは入り口の立て看板で読めるのだがそれにしてもなんともユニークな石仏だ。
岡本太郎がカンドーしたそうな。なんとなく判るね(^-^)Vブイッ!
初めてこの石仏を見たときはほんまにカンゲキしたもん。
これを生み出した仏師は(石像師か)とってもナウイ(死語か(^ ^);;)よね。
しかもこういうスタイルの石仏を認めた当時の人々の柔軟さ・おおらかさも素敵だ。
木の仏像では円空などが木々のありのままの姿をそのまま活かしながら仏を造っていくことで有名だけれどそれを石に置き換えたらこんな感じになるのかもしれない。
ごろんとした大きな石に魂を吹き込み仏にしてしまった作者のセンスに脱帽だ。

雨の中で石仏のつぶやきが聞こえてきそうな気がした。
by settuya | 2005-08-18 00:29 | | Comments(12)