<   2005年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

KDB展終了。みなさんありがとう。

c0042324_7233591.jpg

21日から心斎橋・アセンス5Fギャラリーにて開催されていた「第4回KDB写真展 感動 Can Do!2005ーFirst」が27日に終了しました。
多くの方々がビルの5階というロケーションにかかわらずご来場してくださった。ご案内させて頂いた友人知人の方々もわざわざ大阪まで出かけて見に来てくださった。
みなさんへ感謝。感謝です。ほんとうにありがとうございました。
by settuya | 2005-04-28 07:36 | 写真 | Comments(15)

テラスでコーヒーを

c0042324_7342341.jpg神戸にはいろいろな観光名所がある。瀬戸内海大阪湾に面した神戸港は平清盛が福原京を造り中国との交易を行ったぐらい昔からのものだし生田の杜も有名だ。そうそう。源氏物語には須磨浦海岸の美しい風景が描写されている。近くは明治以降欧米との交流で外人さんたちの居留地が出来たこともご存じの通り。そして日本で最初のゴルフ場が六甲山上に開設されてもいる。
そんな外人さんたちが住んだ欧米風の居宅が多く残っている地域を「北野」と言い、そこに至る坂道が「北野坂」だ。観光客が絶えない。また、ここはハイカラな店舗が多いことでも知られている。
オープンカフェというけれど、ここなどはもうコテージかビラのテラスだ。女性の観光客グループが通りを眺めながらお茶してはる。木々を通り抜けてくる春の風が気持ちよさそう。
坂道の途中だからこその設計だろうね。
by settuya | 2005-04-27 07:49 | | Comments(3)

書斎で珈琲

c0042324_0583412.jpg珈琲を飲む時と場所はどうだろうか?朝のモーニングコーヒー。食後の一休みに飲むコーヒー。仕事の合間にコーヒーブレイク。書斎でゆったりと音楽でも聴きながら飲むコーヒー。そして一人で飲むコーヒー。ふたりで飲むコーヒー。みんなといっしょに飲むコーヒー。
まあ、シチュエーションはそれこそ山ほどある。
ここは北野坂にある喫茶店。窓際のカウンター席はまるで書斎の一部みたいだ。
座席数も少なく、そばまでキャリアでお道具を持ってきてくれてコーヒーを煎れてくれる。ここではほんまにゆったりしたくつろぎがある。仕事中であることを忘れちゃうかも(^ ^);; ほほほ

が、コーヒー一杯が○百円というのは、さて、妥当なお値段かそれとも..........>ビミョーー
by settuya | 2005-04-26 01:07 | | Comments(7)

4ヶ月目、突入(^-^)Vブイッ!

c0042324_918941.jpg写真展やなんだかんだとばたばたしていたら、もう25日やん!
なんと、このブログ「摂津屋でございます」も4ヶ月目に突入です。
応援していただいているみなさまのおかげであります。
先日レポートというログを閲覧してみますと閲覧回数が1000回を越えておりました。これもまためでたいことでありますなあ(^-^)/
応援していただいているみなさまのおかげであります。
感謝。感謝。感謝。感謝。
ほんまにおおきにです。
これからもよろしゅうにm(_ _)m。
by settuya | 2005-04-25 09:26 | 日常 | Comments(9)

ネットカフェ

c0042324_04148.jpgジャズ喫茶がブームを過ぎて減少してしまったように、今まさに減少傾向にあるのが実は時代の先端を走っているはずのインターネットカフェだそうな。まあ、ちょっと考えると理由ははっきりしている。だって、これだけPCが普及し各家庭にインターネット接続が広がってくれば、わざわざそういう場所に出向かなくてもインターネットは出来る。またネット中毒者たちは今ではノートPCを持ち歩き、携帯PHSなどや無線LANを活かしてどこでもネットサーフィンやメールチェックが可能だもんね。
そんなワケで今ではプロバイダ業者や接続回線業者がその宣伝のために開いているネットカフェがほとんどだそうだ。
ヨドバシ梅田店の一階に回線業者のネットカフェがある。ものは試し。一度入ってみる。手続きを済ませ、コーヒーも注文してさっそくPCが設置されたテーブルへ。ふむふむ。出先で自分のこのブログをチェックするのって、けっこうスリルある行動だ。もちろん、書き込みも可能だ。隣のテーブルでは外人さんが「JAPAN]と大きく書かれた表紙の旅行案内本を手になにやらチェック中。そうやね。こういう使い道が本来の使い方なんだろうね。
逆に海外のネットカフェで日本人旅行者がやろうとしても不可やろね。だって、日本語が使えないもん>英語版窓XPではなあ。
by settuya | 2005-04-24 00:04 | | Comments(12)

ジャズ喫茶

c0042324_0424593.jpg

おとうさんが若い頃は、ジャズ喫茶なるものが全盛であった。大きなそして凝ったオーディオセットから常にジャズが流れている喫茶店。今と違ってそれぞれ自分のオーディオセットを持っている人も少なく、ましてオリンパスやA5といったでっかいスピーカーからがんがん大音量でジャズが鳴るシステムを自分のものとして所有できるような身分の友人知人もいなかったから、ジャズが聴きたい時はこういうジャズ喫茶につれといっしょにしけ込むという寸法だった。だが、本当の目的はジャズではなかったのだ。今だから白状するけれど、たばこを初めて吸ったのもジャズ喫茶だった。そして背伸びしながらふむふむと、わかったような顔をしてそこここに座っている大人たちに混じってジャズを聴いているというだけで、いっぱしの漢になったような錯覚を楽しんでいたものだった。
ふむむ、懐かしいなあ>遠い目
そういうジャズ喫茶はたいがいビルの地下にあった。階段を降りていく。昼でも白熱灯が点いていて紫煙が充満していた。ドアを開けると「パアアアー」っとトランペットの音が耳に飛び出してくる。そこにはジャズが渦巻いていたものだ。
今はそういうお店も激減してしまったなあ。この頃のコーヒー店は何故か陽の当たる場所をめざしているように見える。明るい喫茶店。それもいいかもしれないが、あのジャズ喫茶のドアめざし階段を下りていく「どきどき感」はどこへ行ってしまったのだろう??
by settuya | 2005-04-23 01:14 | | Comments(7)

見られる快感!?

c0042324_040345.jpg

十人十色という。ま、いろいろな性格や才能を持った人がいるという意味だ。なかにはいつも目立っていたい。誰かに見つめられていたいという人もいるね。常に何事でも自分が主人公でなきゃいや!というタイプ。それでいて人格能力ともにそれにふさわしいレベルではないのに、だ。こういうのとおつきあいしなければならない時ほど疲れることはない。
ここは外の通路面すべてがガラス張りだ。
普通に座ってコーヒーをいただいているところを通路の人たちからは丸見えというわけ。常に誰かの視線を気にしながらコーヒーを飲むことになる。これは疲れそうだ。ゆっくり気分転換も出来そうにない。しかし、なぜかこのコーヒーショップはいつも満席だ。特に若いお嬢さんのグループに人気だそうな。
まさに十人十色。見つめられたい人や廻りの目線が気にならない人が案外多いということか?シャイなsettuyaには理解できないことである。むむむ(^ ^);;
by settuya | 2005-04-22 01:00 | | Comments(9)

オープンカフェ

c0042324_10235142.jpg日本は雨が多いからか、衛生上の理由からか、道路に椅子テーブルを拡げたパリなどで見られるように形式のカフェはまだまだ少ない。それでもこの頃はときどき出会わすことがある。この頃なら暖かい日差しのもとでオープンカフェでコーヒーを楽しみたいものだ。
そういうスタイルのカフェがどんどん増えてくるといいな。
ここはガラス窓越しに道路を眺めれることができるスタイル。歩いている人たちを見ながらコーヒーを飲める。もちろん、歩いている人たちもコーヒーを飲んでいる我々を見ることができる。
ここでいつもな悩んでしまうのだか、さて、通りを歩いている人と目が合ってしまったらどうする?
1)見なかったふりをして目をそらす。
2)じっとにらみつける。
3)思わず会釈してしまう。
シャイなsettuyaはそうならないように、ここではもっぱら本を読むことにしている。
by settuya | 2005-04-21 10:36 | | Comments(10)

コーヒー豆

c0042324_092348.jpg

紅茶もお茶ももとは同じ茶葉なのはご存じの通り。焙煎の方法というか過程が違うのでできあがってきたものがこれほども違ってしまう。摘んできた茶葉をどうしておいしいお茶(TEA)にしていくのか、専門家の工夫と知恵が試されるところだろう。
コーヒーが珈琲豆から作られることも言うまでもないことなのだが、お茶と同じようにその原料の珈琲豆をどのように焙煎していくのかでコーヒーの味が微妙に変わってくるから面白い。豆屋さんのこだわりが出てくるところだ。さらにはサイフォンかドリップかとか、用いる水によっても味は微妙に変化する。そう考えるとコーヒー一杯、仇やおろそかにできぬ。しっかり味わいたいものである。ここに三種類の珈琲豆がある。我が家の買い置きの豆。この状態でも色も違えば香りも違う。まして実際にコーヒーを点ててみるとそれぞれ特徴ある味わいが楽しめる。
毎朝のコーヒー。今朝はどんな味の豆で煎れようか?
おとうさんのささやかなこだわりである。
by settuya | 2005-04-20 00:26 | グルメ | Comments(8)

KDB展のご案内

あさって21日から始まる写真展のご案内です。

c0042324_9524663.jpg
c0042324_9525833.jpg


settuyaもちょっとおもしろいのを2点出展します。
ご都合がよろしければお運びくだされ。
by settuya | 2005-04-19 09:56 | 写真 | Comments(10)