<   2005年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

洞川の梅林

梅の花が満開だという話をあちこちから耳にするで、日曜日に友人と「洞川の梅林」というところへお出かけ。
c0042324_926780.jpg六甲山の山麓、市立森林植物園を経て再度(ふたたび)公園へ降りていく途中にある。写真を撮るのも目的だったのだが、それ以上に久しぶりの六甲登山。というよりハイキング・トレッキング・ウォーキングやね。谷上の駅から登り始めて小一時間で森林植物園へ到着。ちょっと汗ばむ。そこから洞川梅林はすぐ。しかし、さすがは山の中やなあ。まだつぼみ。一部咲き始めている枝もあったけれどまだまだやった。残念。ということで梅の花の写真は、無し。あと7-10日ぐらい経てばきっと満開になると思うので、地図を添付。是非お出かけくだされ。

c0042324_1142298.jpg昼過ぎには元町まで降りてこれるというお手軽なコース。もちろん、ちょっと遅めのランチはイタリアンでワインをぐびぐびしたのは言うまでもない。
こっちのほうが主目的だったりする(°°)☆\(^ ^)バキッ! ほほほほ
by settuya | 2005-02-28 09:44 | 日常 | Comments(8)

携帯デジカメで遊ぶ(2)

「流し撮り」に挑戦しました。
見事に失敗しました(+_+)トホホ
c0042324_8154987.jpgというわけで写真のサイズもかわいいものにしました(^ ^);; ほほほ
以下、言い訳です。
1)シャッタが落ちるタイミングがつかめない。じっと固定している時はいいのだが、ボディを動かしているときは困る。
2)携帯電話なので三脚に固定して首だけ振るというわけにはいかないのだ。腕だけではうまく位置決め出来ず。
などなど、腕の無さをしっかり露呈しちゃいました。
そのうちにリベンジじゃ。
by settuya | 2005-02-27 08:26 | 写真 | Comments(6)

携帯デジカメで遊ぶ

ここんとこ、愉快に「はまって」いる携帯電話の付録デジカメ(以下携帯デジカメ)でちょっとはしゃいでみました。
c0042324_9414364.jpg
c0042324_942387.jpgブライダル関連ビルの夜景です。普通に撮ると上の写真。hikoさんのアドバイスで思いついて携帯デジカメのレンズの前に穴を開けたティッシュを押しつけて撮ると下の写真。これは遊べるわ。

c0042324_957448.jpg
ブライダルでよく使う手やけど、こんなかたちに切り抜いて撮ってみました。
わははは。楽しい(^o^)/

c0042324_9452911.jpg次はマネキンさんをちょっとポートレート風に。手前のまつげにMFでピント合わせたんやけど、あんまりバックがぼけてくれへんなあ。携帯デジカメやから、まあ、しょうがないね。
「流し撮り」にも挑戦したろ(°°)☆\(^ ^)バキッ! ほほほ 
by settuya | 2005-02-26 10:02 | 写真 | Comments(7)

テンキー兼用電卓

c0042324_944284.jpgPCにUSBで繋ぐとテンキーに変身する電卓。キヤノン製。別にカメラ機材でキヤノンがメインやからという理由からではないが、電気店のワゴンセールで衝動買い(^ ^);;これがけっこう便利やねん。ちょっとした計算結果だけをPCに入力するのに電卓をたたいてその結果をまたPCのテンキーに叩き写すのって、スマートじゃないやん。バックにいつもいつもエクセル起動させておくのもなにやし、そこからコピペするのもやっぱりスマートちゃう。これならUSB端子の一つに繋いでおけば電卓叩いて計算させその結果を電卓のボタン一押しでPCのカーソル位置に転送。超便利(^o^)/ もちろんUSBコードを抜いたら普通のソーラー電卓にも早変わりや。ノートPC使いにもおすすめ。
このごろこういうちょっと便利なPC小物(周辺機器)が増えてきましたね。
by settuya | 2005-02-25 10:06 | グッズ | Comments(3)

やっと一ヶ月(^-^)/

ブログを始めてからあっという間に一ヶ月が経ってしまった。応援してくださったみなさんに感謝。
c0042324_9285837.jpg
噂には聞いていたけれど、いわゆるHPとどう違うのか、BBSとどこが違うのかなどと入り口でそっと覗き込んでいたのだが、友人の後押しとアドバイスで1月25日にスタートさせた。
これがやってみるとなんとも楽しいのだ(^o^)/ 写真の貼付が可能なのは今時当然。写真も携帯電話の付録デジカメで十分(ここのブログの写真はほとんどがそれ。右の写真も携帯電話デジカメだ)。見に来てくださった方々からのコメントが附く。他のブログの記載内容とのリンクも貼れる。トラックバックと言うそうだ。このオンデマンドで双方向なやりとりはくせになりそう。追加も更新も簡単にできるしね。しかも無料とくれば、もうやるしかないっしょ。
by settuya | 2005-02-24 09:59 | 日常 | Comments(13)

イタメシにはワイン

イタメシとくると、まさか、燗酒というわけにもいくまい。
ということでワインやね。
c0042324_9261159.jpg

この頃はワインと言ってもフランスやイタリアだけでなくチリやカリフォルニアなど、産地を選ばずいい葡萄が穣った場所産のものが気軽に楽しめるようになった。ありがたいことやね。赤ワイン・白ワインと料理との組み合わせもルールがあると言われるけど、ま、美味しく楽しく飲んで食べれればオッケというのがsettuya流。ということでたいていは一本目はきりっと冷えた辛口の白。二本目にちょっとだけヘビーな赤ワイン。三本目は.......(°°)☆\(^ ^)バキッ!というコースが多い。でも、ワインだけはお値段と旨さ(好み)がなかなか一致しないし、同じ産地でも年度によって、つまり葡萄の出来不出来によって味が違うから選ぶのが大変だ。
なんてことを書くとものすごいワイン通みたいやけど単なるお酒好き。すぐに顔が赤くなってしまう「赤兵衛」なんです。
by settuya | 2005-02-23 09:55 | グルメ | Comments(8)

イタリアン_キッチン

旨い料理とそれに合うこれまた旨い酒があれば、まあ、人生の半分以上は大成功と言えるね。
c0042324_173990.jpgあとの半分はもちろんすてきな伴侶と巡り会うことやけど(^ ^);; ここは北野坂からちょっと横道に入ったところにあるイタメシ屋。テーブルが4つしかない、ほんまにかわいいお店。ご夫婦にもうひとりの3人で切り盛りしてはる。このこじんまりさがまた素敵なんだなあ。
それにしてもレストランのキッチンほど不思議に満ちている場所は無いのでは。実に巧みにそしてみごとに材料を料理してあんなに美味しくして出してくれるのだもの。料理ひとつ出来ない摂津屋からみれば、コックさんなんて、まるでマジシャンだ。今夜もそのマジシャンの不思議を楽しませてもらおう。ごいっしょにいかが?
by settuya | 2005-02-22 01:16 | グルメ | Comments(6)

シャッタ速度

携帯電話の付録デジカメで撮った写真で綴っているのですが、気になって試してみました。
c0042324_9211113.jpg

ここは県庁前の公舎。迎賓館で賓客の接待や会議などに使われているところ。夜はこのようにライトアップされます。この前の道路を走り抜けた車のテールランプに注目。携帯電話付録デジカメでは露出補正はプラスマイナス2可能なのですが、シャッタ速度の変更は不可なのはご存じの通り。で、多分高速と低速と2段ぐらいの切り替えだろうと思われます。夜間なので当然低速側での撮影。さて、テールランプの長さはどれぐらいやろ?横断歩道の幅ぐらいとみると、4メートルぐらいでしょうか?通り抜ける車の速度が仮に時速60キロで走り抜けてたとすると1秒間に約16.7メートル走るからテールランプの筋が4メートルとみると25分の1秒か。まあ、これぐらいやろなあ。夜間の撮影で手を伸ばして撮る携帯電話での撮影スタイルからするとせめてこれぐらいでないとぶれぶれ写真しか撮れないやろからね。けっこうタイムラグもあるし。
by settuya | 2005-02-21 09:37 | カメラ | Comments(7)

ショーウインドウの中のミシン

c0042324_0503573.jpg

ここは高架下商店街のボタン屋さん。
こういうしゃれた展示で客を待っている。
周りが暗く、ミシンのところだけが明るいのではたしてどうかなと思ったけれど、このごろのデジカメはほんまによく出来ておりますなあ。この通り、写りました(^0^)/
しかも携帯電話の付録デジカメ、補正なしです。
by settuya | 2005-02-20 01:03 | | Comments(10)

200円のCD

最近の百均は消費税の表示問題あたりから様相が変わってきましたね。
ちょうどよい機会だと捕えたのか、百円という金額だけでなく物によっては200円とか300円というお値段の物も並べるようにしたお店もでてきた。
c0042324_10353767.jpg

スーパーから酒屋に衣料品店、ドラッグストアさらにはパチンコ屋まで入っている郊外型ショッピングセンターのなかに百均の店もはいっている。写真撮影用の小物に使えそうなものが見つかったりするので(レンズポーチなどはここでまとめ買いだ。ペットボトルケースがちょうど良い)店内をぶらぶらしているとなんとCDまで並べてあった。しかしこれらは100円ではなくて200円。ちょっとタイトルを眺めてみると懐かしい50年代のヒット曲のCDがあった。思わずゲット。すべてオリジナル。背伸びしたがる年頃にラジオ関西の電話リクエスト(うむむ。古いなあ(^ ^);;)などでわからないままに聞き流し馴染んでいた曲たち。懐かしさにちょっと得した気分。
by settuya | 2005-02-19 10:52 | 日常 | Comments(5)