カテゴリ:季節のなかで( 223 )

メジロ

c0042324_22133058.jpg

みかんを半分に切って
冬枯れの、すっかり葉も落ちてしまっている庭木の枝に刺した。
翌朝にはまずヒヨドリがやってきた。
大きな鳥だけに、あっと言う間にミカンをきれいに食べてしまった。
写真を撮る暇もなかったね。

翌朝にもう一度半分のミカンを枝に付ける。
こんどはメジロだ。
かわいい。
昨晩からカメラをセットしておいたのでパチリ。
一生懸命ついばんでいる。

(tamron 100-300zoom+5D2)
by settuya | 2017-01-21 22:23 | 季節のなかで | Comments(0)

キンカンの実

アトリエの庭の一隅。キンカンが稔っている。
その果実はかわいいサイズで、皮ごと食べれる唯一のミカンの仲間であることは
ご存知の通りだ。
柑橘類なのでビタミンCが豊富に含まれていて風邪の予防に効果大とは嬉しいね。
特にこの季節にはありがたいことです。
ちょっと調べてみると..........
●風邪の予防
柑橘類の皮には沢山のビタミンCが含まれています。キンカンは皮ごと食べるので、
ビタミンCを沢山摂る事が出来ます。寒い季節、風邪の予防にも良いですね。
●皮に含まれるヘスペリジンによる様々な効果
ヘスペリジンは柑橘類、特に皮の部分などに多く含まれ、これまで様々な研究から
健康維持に役立つ効果が発見されています。具体的には毛細血管の強化や血中コレ
ステロール値の改善効果、血流改善効果、抗アレルギー作用、発ガン抑制作用など
沢山あり、皮ごと食べるキンカンはこのヘスペリジンを摂取するのに最も適した果
物と言えます。
●生活習慣病の予防に
動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に役立つビタミンEもたくさん含まれて
います。
●古くから咳止めの薬用として
キンカンは古くから咳止めやのどの痛みを抑える薬用にも用いられてきました。
●果物の中では、カルシウムを多く含んでいます。
----------引用終わり---------
c0042324_11162935.jpg

さっそく丸ごと口に運んでみる。
苦味がほとんどなくて、むしろ甘味があるね。
でも、自身は柑橘系であることをしっかりと主張してくれる。

黄色くてかわいい果実をいっぱい実らせてくれるキンカンは冬のさびしいアトリエの
庭を飾ってくれています。
by settuya | 2017-01-14 11:17 | 季節のなかで | Comments(0)

冬 日 和

冬だね。
12月も中旬。2016年もあと半月。
庭の木々たちもしっかりと冬支度。
12月の日差しの中でススキがきらきらと揺れている。
手前には産毛に守られた芙蓉がきれい。
明日は初雪かも などという天気予報もでる今日この頃。
そろそろ冬用タイヤに交換しておかなければ。
c0042324_2222144.jpg

lense=Contarex Distagon 1:4 35mm
驚異的に寄れる。まるでマクロレンズみたい。
描写はもちろんツアイスそのもの。
by settuya | 2016-12-15 22:29 | 季節のなかで | Comments(0)

さざんかの花 そして残り葉

庭の山茶花が咲いている。
赤いさざんかがちょっと早く咲き出して
あとを追うように白いサザンカが最盛期だ。
c0042324_18543656.jpg

赤い花は一重だけれど
白いほうは八重。
こっちのほうが見ごたえがある。

しばらくはその花びらが散って毎朝の掃除がたいへん。
それでもいい。
一生懸命咲いてくれているんだもん。

c0042324_18545230.jpg

枝に一葉だけ残っている黄葉した葉。
日差しのなかで頑張ってます。

いよいよ師走。
今年もあとひと月ですね。

lense=AR HEXANON 55mmMACRO
by settuya | 2016-12-01 19:04 | 季節のなかで | Comments(0)

伽耶院のもみじ

伽耶院(がやいん)(兵庫県三木市)は歴史ある古刹だ。
境内のもみじは紅葉が本番。
陽光に透けてじつに美しい。
敬老施設のグループも付き添いの若者たちともみじ狩り。

秋の昼下がりは爽やかで気持ちゆったり、カメラ散策を楽しみました。
c0042324_20223075.jpg

これから美しく色づいていくのでしょうね。

今日のカメラ散歩にはコニカさんのマクロレンズを持ち出しました。
アダプタでX-T1へ。色乗りというのかしら、ややこってりとしているのに
ストレートな描写をしてくれます。同じフィルムメーカーのレンズですけれど
フジノンとは傾向が違います。そこがまた楽しくって面白いところです。
これも素敵なレンズですね。
lens=AR HEXANON 55mmMACRO
by settuya | 2016-11-17 20:31 | 季節のなかで | Comments(2)

有馬 妙見寺の秋

秋と言えば紅葉。黄葉。
カメラを片手に秋を撮りに有馬温泉へ。
ここには紅葉で有名なスポットがいくつもある。
でも、紅葉にはまだ早かったなあ。
そこで善福寺の奥、山道を登り切ったところにある妙見寺をめざそう。
標高は810mの落葉山の山頂にあり、そこは有馬有数の眺めだという。
ちなみに落葉山は湯槽谷山、灰形山と合わせて「有馬三山」のひとつだ。
c0042324_2044451.jpg

イチョウが見事に黄葉しているなあ。
c0042324_204599.jpg

さあ、最後の石段を登り切れば妙見寺さんだ。
c0042324_2051096.jpg

それほど大きな寺院ではないけれど、その造りは実に凝ったものだ。
壁の浮彫彫刻の見事さ(^o^)/ それよりも......
c0042324_2052125.jpg

そのお堂を支えているのが斗栱(ときょう)なのだ。
お堂の屋根を支えている仕組みでいろいろな様式が工夫されているけど、土台に使われている。
しかも「三手先(みてさき)」というスタイル。これは斗栱(ときょう)では最高のものだそうな。
普通なら何本もの丸柱でささえてる床が「三手先(みてさき)」方式で支えられているなんて
とっても珍しいものなのではないでしょうか?

秋を撮りに行ったんだけれど、こっちの方に興味ひかれてしまったsettuyaです。
camera=SIGMA SD2Q
by settuya | 2016-11-08 20:22 | 季節のなかで | Comments(0)

渋柿と甘柿

風が吹いた翌朝には柿の実が落ちて甘い香りがします。
稔りの秋。
我がど田舎の柿の木にも今年も柿が生っております。
注意しないと渋柿だったりしますので、慎重に、慎重に。
渋柿でも皮をむいて天日に干しますと甘い干し柿に変身。
これもまた、美味いもんです。
c0042324_20154911.jpg

ひとつ 手折ってきました。
いい感じに熟れてます。一切れ、皮をむいて口に運びます。
「おっ、甘い(^-^)Yヴイッ」
この甘さ加減がいいですなあ。
美味しい甘柿です。
by settuya | 2016-10-21 20:20 | 季節のなかで | Comments(0)

村祭り

この時期には黄金色に実った稲田と一足先に刈取りの終わった田んぼに
笛太鼓の音が流れ、「村の秋祭り」があちこちで行われております。
我がど田舎でも秋空の下で今年も秋祭りです。
c0042324_9323339.jpg
c0042324_9324654.jpg
c0042324_9325415.jpg

伝統の「獅子舞」の奉納です。
村の青年団のみんなが練習を重ねて準備してきた「獅子舞」。
笛と太鼓に合わせて見事に舞い踊ります。
ここでは神輿も山車もなし。「獅子舞」が奉納されるのです。
それがこの村の数百年来の伝統なのです。

今年も撮影させてもらってきました。
ニッポンの秋だねえ。
by settuya | 2016-10-13 09:47 | 季節のなかで | Comments(0)

あけび

あけびの実が色づき始めた。
秋だねえ。
c0042324_19225366.jpg

今年は思いのほか多く稔ってる。
紫色になると食べごろだ。
あの甘さがたまりません。
by settuya | 2016-10-07 19:25 | 季節のなかで | Comments(0)

かわいい秋 見つけた

やっと雨が上がった。
田んぼでは稲刈り機の音。みなさん忙しそうだ。
実りの秋

というわけで、久しぶりに裏山の散策だ。
紅葉にはまだまだ早い。栗の実もまだまだあおい。
柿の実が色づき始めてる。
c0042324_1850837.jpg

クヌギの実を見つけた。
頭だけ、ちょこっと出しているんだ。
クヌギの実は殻から取り出すと丸々としてころりとして
一般のどんぐりよりもボリュームがある。
渋みもすごいので渋抜きが大変だけど昔から非常食や保存食とされている。
一足先に、クヌギの林は秋です。
by settuya | 2016-09-24 19:01 | 季節のなかで | Comments(0)