カテゴリ:旅( 75 )

峠の初雪

箱根である集まりがあってお出かけ。
芦ノ湖・箱根は久しぶり。
ついでに晩秋の信州方面にも足を伸ばそうという計画だ。
まだ早暁の神戸を発って一路御殿場へ車を走らせます。
c0042324_13533921.jpg

名古屋を過ぎたあたりで食事休憩。
ここでは当然きしめんとみそかつだね(^-^)Vブイッ!
温泉玉子もついていておなか一杯。
これはちょっと食べ過ぎかな。
まあ「旅」ですからね。
大目に見ましょう(°°)☆\(--メ)バキッ!。
時々雨というコンディションなのでゆっくり走る。
そしてSAに立ち寄って一休みしながらのんびり走ります。
このお天気ではとても写真など撮れません。
富士川からの富士山もすっかり雲に覆われていてまったく見えず。
残念。
c0042324_1402544.jpg

行く先々のSAで出会ったのがこれらの車たち。
お聞きすると鎌倉で同種の車マニア達が集まる全国大会があるという。
それに関西方面から参加する車たちだ。
なんともクラシカルな外観です。
ちょっとだけ並行して走りましたが100キロ+で平気で走ってました。

箱根到着。最初の用件まで時間があったので大枠谷へケーブルで。
もちろん名物の黒たまごはちゃんといただきます。
c0042324_1455654.jpg

ここの温泉で茹でるとどうして黒くなるのでしょうね。
不思議です。
硫黄の匂いとともに。うん、旨い。

箱根で一泊したあとちょっと早引けして東富士五湖道路から中央道へ抜けて信州へ向かったのは翌日の朝です。
この日も、雨。雨。雨。
昼過ぎに松本ICを下りて、紅葉情報を得ようとあちこち車を走らせます。
でも信州の秋は早いね。もう落葉してます。
山道に入ると雨も激しくなり寒くなってきました。
早々に宿に戻って、明日が晴れるのを祈りましょう。

しかし、しかし..........
翌日もやっぱり山間部は雨。気温は2-3度ぐらい。
これはやばいかも!と思ってると、雪に変わりました。
この地域では初雪だそうな。
c0042324_14124088.jpg

野麦峠に入ると降り出した雪が見る見る積もります。
あっという間にこんな状態に。
c0042324_14133631.jpg

一応四駆なんですけど....タイヤがノーマルのままなので緊張しながらドライブ。
「これで日差しがあればきらきらと綺麗なんだけどなあ」
などとつぶやきながら無事に国道へ出て開田高原に向かいます。
ここも見頃はもう済んでました。残念。
お天気はなおも雨雲が覆ったまま。
木曽川に出て阿寺峡谷にでも行ってみましょうか。
この辺りにはまだ少しだけ紅葉が残ってました。
木曽檜を切り出した森林鉄道も今はなく、鉄橋だけが昔の面影を伝えている。
ここまで来てやっと撮れた今年の紅葉です。
c0042324_14293369.jpg

それにしても自分では「晴れオトコ」だと思ってましたが、「雨オトコ」ならぬ
「雪男」だったとは(^o^)/
あれれ、漢字にすると、なんかヘン…(+_+)…???
by settuya | 2007-11-14 14:34 | | Comments(7)

旅の楽しみはやっぱりグビグビ!

今回はちょっと足をのばして戸隠高原へ。
もちろん「戸隠蕎麦」を食べるためだ。
c0042324_16445930.jpg

この盛り方は戸隠の「ぼっち盛り」と言う。
水を切らないでそのまま蕎麦を折るようにざるに盛りつけてある。
だから蕎麦の食感はやや柔らかめになる。
でも一盛りがちょうどハシでつかみやすく、一口分というサイズになるので
食べやすい分量である。
それにしてもエライ人出。しばらく待たされてしまった。
ま、それもしかたがないね。

c0042324_1648497.jpg

信州・松本ではいつも行くウナギ屋さんへ。
ここの焼き加減がほんとうに絶妙だ。
この頃は中国産が幅を効かせているようだが、ここのは安曇野で育った地元のウナギだ。それだけでも美味しそうに思えてしまうが、事実、旨いのである。

c0042324_16483414.jpg

信州は高原のあちこちにおしゃれなテラスカフェがある。
別荘地の一角に大きな日傘。
ドライブの途中で一休み。
時折吹き抜ける風が気持ち良い。

それにしても、やっぱり信州も暑かったなあ。
by settuya | 2007-08-22 16:59 | | Comments(14)

今年も信州方面へ

盆休みを利用して今年も信州方面に行ってきました。
c0042324_10273153.jpg

八ヶ岳を望む、ここは信州富士見高原。
お天気が良ければ富士山も見えるというのですが、残念ながら雲の中。
でも八ヶ岳の峰々が迎えてくれました。
c0042324_10334191.jpg

白樺の林が美しい入笠湿原。
未来の名カメラマンが記念撮影中でした。
c0042324_1038237.jpg

ここはニッポン屈指のマウンテンバイクのダウンヒルコースがあるんですね。
ハイカーよりもバイカーのほうが多いのにビックリ。

c0042324_10451254.jpg

松本城はいつ見ても美しいお城です。
その近くでビアガーデンがあるというので行ってきました。
見上げるのと違って、お城を見つめる視点が新鮮です。
黄昏れていく松本の街でグビグビ。
c0042324_10474488.jpg

さすがはお城の街、松本ですね。
古本屋と骨董店を兼ねたお店はなんとミニミニ松本城です。
これはちょっとビックリ。

c0042324_10491084.jpg

白馬三山に珍しく雲がかかっていません。
夏の白馬もええもんです。
c0042324_10502553.jpg

白い漆喰が美しい民家に朝顔。
こういう風情が残されているのも信州の魅力ですね。

日常と離れてゆっくりと車を走らせる。
暑さを少しだけ忘れさせてくれます。
by settuya | 2007-08-20 10:53 | | Comments(4)

丹波 篠山 城下町

篠山は京都と山陰・山陽を結ぶ重要な地点で青山5万石の城下町だ。
街並みもその当時の面影を残していて散策するにはちょうどよい大きさの街。
神戸からならば車で一時間ちょっと。
お気に入りの街のひとつだ。
c0042324_17225845.jpg

お堀に影を映す古民家はその門構えもりっぱだ。
お城跡を中心にしてに「西新町」「南新町」には武家屋敷跡が残る。
町名も乾新町・二階町・魚屋町・北新町・呉服町・等々城下町時代の区割りを想像させるね。
街のあちこちに歴史を感じさせる建物が今に残っている。
c0042324_17253866.jpg

c0042324_1726738.jpg

c0042324_17262767.jpg

c0042324_17264836.jpg


ここは酒造りの地でもある。
「丹波杜氏」という名で灘や御影・西宮方面の酒蔵に冬の間は出稼ぎにでてきた。
もちろん地元篠山にも造り酒屋は健在だ。
c0042324_17292026.jpg

「ほろ酔い 城下蔵」の垂れ幕。
鳳鳴酒造さん。
ここから京街道への入り口である「京口橋」方面に少し歩くと小川町・河原町=旧商家町だ。
うだつのある家や漆喰と黒い瓦屋根が美しい家並みが連なる。
c0042324_17371422.jpg

c0042324_17374185.jpg

いまでも現役の、昔ながらの商店。
軒先に花を飾る住人のやさしい心使いがうれしいね。
台風一過の晴れ間に、カメラ片手にのんびり篠山散策。
時間の流れもゆっくりゆったり。
何度来てもええ街やなあ>篠山

(E300+rex25mm)
by settuya | 2007-07-17 17:41 | | Comments(10)

吉川 よかたん 山田米

吉川と書いて「よかわ」と読む。
キッカワではない。ヨシカワでも、ない。
[よかわ]である。
ここには炭酸ガスの含有量がニッポン一番!といわれている温泉がある。
で、先週末に行ってきました。
c0042324_13502312.jpg

吉川温泉「よかたん」の湯だ。
建物のそばに足湯もある。
c0042324_13512388.jpg

10年ちょっと前はこのあたりはグランドだったが、温泉が出たのでいまではりっぱな建物も建ちすっかり当時とは変わってしまっている。
同じ敷地内に「山田錦の館」もある。
そう言えば道中でこんな田圃を見かけました。
c0042324_23434053.jpg

この旗印は有名な剣菱さんですね。
ここのお米=山田錦=で造ってるんだ。
ご当地特産品の販売や酒米の代表とも言われる「山田錦」を使ったお酒の試飲(有料)も出来るのである。
もちろんこっちにも行きました(^-^)Vブイッ!。
c0042324_143926.jpg

これは板宿の某お店と同じ名前のお酒ですね。
c0042324_1435289.jpg

こんなんも造ってるんですねえ>白雪さん
ほかになじみの銘柄が並んでおります。
お昼になったので地元野菜の巻き寿司を買い、具たくさんのみそ汁でいただきます。
c0042324_1462099.jpg

もちろんお酒も注文しました。

温泉が好きで、日本酒も大好き!
というsettuyaにはここは天国ですなあ(^-^)/(^-^)/~~
by settuya | 2007-07-04 14:12 | | Comments(18)

奈良で食す

奈良といえば茶がゆだ。
せっかくの奈良町なんだもの、いただきましょう(^0^)/
c0042324_2117522.jpg

というわけでちょっと早めの昼食になります。
茶房 暖暖(のんのん)で茶粥のセットを注文しましょう。
c0042324_21172065.jpg

大和ののっぺい汁
奈良漬け
佃煮
漬けもの
大和野菜のおひたし
そして茶粥。
昔ながらの町屋で、坪庭を眺めながらの昼食はなかなか「オツ」なものであります。

c0042324_21214528.jpg

春日の山道を歩き通して奈良町のはずれに戻ってきました。
さすがに疲れましたあ。
ということで(^ ^);;ちょっと甘いものでもいただきましょう。
焼きたてのお餅がうれしい。
そして小豆の甘さがなんともええですなあ。
ほっと一息つきました。

奈良公園で見つけたちいさな秋
by settuya | 2006-11-07 21:25 | | Comments(10)

奈良を歩く

c0042324_20371773.jpg

秋の1日、友人と奈良に遊ぶ。
奈良と言えば「鹿」、そして奈良町散策だ。
大和路快速(JR)で一気に奈良へ。まずは奈良町を探検しよう。
正倉院展が開催されている時期なのでなんともすごい人出。
ちょっと中心部からはずれて西折屋町へ。
ここに170年前の町屋を改造したお店がある。
c0042324_20412477.jpg

c0042324_20413988.jpg

坪庭があっていい風情。
ここはボランティアの町造りのセンターにもなっている。
なんとFM放送局まで町屋のなかにあるんだ。
c0042324_2042494.jpg

なんとも不思議。
昔は「税金間口」と言って間口の幅で税金が課せられたので京都と同じく間口は狭いけど奥行きが深いという独特な家造りが行われてきたのだ。
奈良町の一角に庚申さんというお宮がある。
c0042324_20464337.jpg

また漢方薬屋さんなど昔ながらのお店も残っているからすごいね。
c0042324_20472495.jpg


奈良町をあとにして若草山に向かう。
ここから春日大社の裏山、世界遺産になっている春日山の原始林へ。
地道の山道をぐるっと歩く。
とにかく、どんどん、歩く。
こんな標識が立っている山道だ。
c0042324_2050329.jpg

途中にかわいい滝もある。
c0042324_2051222.jpg

自然林の外周を廻るわけだからそれなりの距離がある。
11月とはいえ歩き続けるとやっぱり汗ばんでくる。
時折吹き抜ける風が気持ちよい。
世間話にカメラ話に時事話にとあれこれ話ながらの山道散策はこの季節だからか、実に気分がいいね。
せっせと歩いて再び奈良町へ。
ここらで一休み。

それにしても良く歩きました。
by settuya | 2006-11-05 20:55 | | Comments(20)

信州は”美味しい”

最後はやっぱり食べ物飲み物の話題になってしまいますなあ(^ ^);;
信州やからと言ってお蕎麦ばっかり食べていたのではありません。

この頃はブームも定着したみたいですね。
安曇野のあちこちでハーブティーが飲めるお店が増えました。
以前はハーブを栽培している庭園の散策も出来たんですが今はハーブ関連の商品の販売とカフェだけ。そんなお店で休憩です。
c0042324_21473816.jpg

ここはかわいいハーブを凍らせた氷でお水を持って来てくれます。
ピンクの縁取りの花がいいね。
c0042324_2147539.jpg

ハーブピッツァとハーブティー。
カフェはテラスになっていて安曇野の街を見下ろしながらいただく。
心地よい風に気持ちもリラックス。
そう言えばここを走る時には必ず立ち寄ってるなあ。

上高地へ入るトンネルからはずれて平湯峠(旧道)を登る。
峠道を登り切って振り返ると穂高を見える。焼岳も見える。
そこで一枚写真を撮るつもりが、雲がかかっていて写真にならず。残念。
下るとそこは平湯温泉郷。
バスターミナルで湧き水で冷やしたトマト。
c0042324_2148174.jpg

うむ、美味そう(^0^)/
かじってみましょう。

朴葉味噌のご飯も頂きました。
c0042324_21484143.jpg

もちろん松本ではいつもの「ウナギ」屋さんにも行きました。
c0042324_2148583.jpg

お天気の関係でなかなか思った写真は撮れなかったけれど、高原を走り、温泉にはいり、初秋の情景を体感し、加えてしっかりあれこれ食べて飲んでと、素敵な小旅行になりました。
by settuya | 2006-09-11 21:51 | | Comments(16)

信州は花盛り

c0042324_21333967.jpg

この日は朝から白樺湖から車山高原そして美ヶ原方面です。
みごとに山野草が満開。
もちろんススキもそろそろ出番と準備中ですね。
c0042324_2135479.jpg

おっと、その前に蓼科高原にあるイングリッシュガーデン=バラクラ=に立ち寄らねば。
約1万㎡の土地にケイ山田さんという庭師(^ ^);;がみごとな本格的な英国式庭園を造り出している。
ここはレイトサマーなのだがけっこうな人出だ。
c0042324_2142068.jpg

バラの最盛期は過ぎてしまっていたがきれいなピンクの花がすてき(^-^)Vブイッ!
この庭を見ながらケーキと紅茶で一休み。
さあビーナスラインをドライブだ。
さすがに美ヶ原はすっかり秋めいてる。
c0042324_21442163.jpg

c0042324_21443723.jpg

c0042324_21444753.jpg

トンボもチョウチョも忙しそう。
行く夏を惜しんでいるかのようだ。
たしかに高原は初秋だね。

この日、白樺湖で食べたお蕎麦は残念ながら、ブーッでした。

こんなんも見ました
by settuya | 2006-09-07 21:57 | | Comments(14)

八ヶ岳と麦草峠

NHKーTVや本などで有名なY親子がやっている「八ヶ岳クラブ」というレストラン兼ガーデニング店があるというので一休みを兼ねて行ってみる。
駐車場には車が一杯。
ガーデニングがブームなのか、えらい人気。
肝心のY親子は見あたらなかった(^ ^);;
c0042324_2324772.jpg

名物のフルーツティとサラダを注文。
奥に見えるのがそのフルーツティーだ。これで二人前。
なにが入っているかというと..........
c0042324_23242220.jpg

リンゴやオレンジ、キウイなど数種類のフルーツ入りの紅茶だ。
お味はなかなかのもの。

一休みのあとは高原をドライブだ(^-^)Vブイッ!
この峠道で一番高い場所=麦草峠=だ。
c0042324_23305850.jpg

標高はなんと2127メートル。
六甲山の二倍以上。涼しいはずだね。
車は快調に走る。
ときどき車を停めてパチリパチリ写真も撮る。
c0042324_23311394.jpg

まるでゼリーのお菓子で飾り付けたような花を付けた木。
こんなかわいい草や花木に出会えるのも大きな楽しみ。
シーズンをはずしたのでゆっくり楽しもう。

しかしそうも言っておれない人たちもいた。
ここは小淵沢の道の駅。
子供たちの夏休みの自由研究かしら?
c0042324_23363810.jpg

花のレースを作るコーナーやカラフルな手作りローソクの工房などいろいろな作者さんが集まっている大きな棟の中は子供達とおかあさんで一杯。
不思議な熱気が充満してる。
いやはや..........

この日の昼食はここで手打ちのお蕎麦でした。
by settuya | 2006-09-04 23:37 | | Comments(19)