お百度踏んで 願かけて

c0042324_947416.jpg

どこの社寺にも据えられているのがこの「お百度石」。
お芝居や物語にも昔から出てくるのだが、この風習はどれぐらい昔に生まれたのだろう。10度じゃなく、50度でもなくて100度(百回目)で成就するというところががんばれば達成できそうな回数でなかなか絶妙な決め事。本来は幾度も幾度も社寺に通うことで仏様に顔を覚えてもらってその願い事をきいてもらえるためとも聞く。人目に合わぬように深夜に密かに行うことがポイントだそうだ。ここは三ノ宮の生田神社。繁華街のど真ん中にある。ここで「密かに」お百度を踏むのは難しいやろなあ。24時間、人の流れが途切れないんだから。
「世界平和と全人類の幸せ」を願ってお百度、踏んでみる?
by settuya | 2005-03-02 10:07 | | Comments(6)
Commented by hiko at 2005-03-02 14:16 x
げっ、お百度参りも密かにやるもんだったんですか、、、
丑の刻参りが密かにやるもので、お百度は正々堂々とばかり思っていました。 (-_-;)
石切神社のお百度参りに連れて行かれた事があります。
Commented by Tomozo at 2005-03-02 14:59 x
遠景に、和服で小股の切れ上がった美女が、素足で、、、何て、無い無い
--- 大阪の赤い帽子のおっさん ---
Commented by settuya at 2005-03-02 15:08 x
石切さんは超有名ですよね。もう大混雑だったのでは?!
お百度参りにわら人形と五寸釘は持っていかないようにね。ほほほ

50本の”こより”を手に、一度ごとに”こより”の端を折っていき、51回目から反対にひっくり返してカウントするんだそうです。その折れた”こより”を願い事を書いた半紙に包んで奉納します。「ひそかに」ね(^-^)V
ここまでやるとお願い事も叶いそうな気がします。

ま、今はどんなスタイルでもオッケなのでしょう。

三田郊外の寺院で熱心に祈ってはるお年寄りと出会いましてね。遠慮もせずにカメラを向けてしまったことがありました。
でも、結局はシャッタを押せませんでしたわ。
なんとも言えず、崇高なたたずまいに飲み込まれてしまったんです。
しばらく身動きできず、凝視するのみ。
一途な思いというのはものすごいもんですなあ。
Commented by settuya at 2005-03-02 15:45 x
素足の娘さんねえ。よろしいですなあ。
そんなん、座り込んで下から携帯電話付録デジカメで撮ろうとしたら逮捕されそうやん。あぶない、あぶない。
Tomozoさん 気ぃつけてやあ(^-^)/


Commented by しゅう at 2005-03-02 18:39 x
「お百度石」って初めて見ました。今度注意して見ておきます・・・
たまに行って、一度だけの願かけなんて効き目は無いはずですね・・・(^^ゞ
石切さんには私も小さな頃に何度か祖母に連れて行ってもらいました・・
そう言えばこよりを沢山作るのを手伝った覚えがありますが・・・
その時は何のことかわかりませんでした。
Commented by obakataityo at 2005-03-02 18:55
お礼参りと丑の刻参りしかした事の無い私です(嘘)(^_^;;;
<< ひな祭り 星に願いを >>