銀の馬車道

新緑に誘われてこんなところに行ってきました。
c0042324_1501697.jpg

大同2年(807年)に開坑という生野銀山。
「佐渡の金」に「生野の銀」と、日本史のなかで欠かせない鉱山です。
c0042324_15322798.jpg

今は鉱山公園としてその遺構が保存されてます。
c0042324_1543679.jpg

露天掘りの跡もあるのですがやっぱり地中深く掘り進んで採掘されておったのですね。
坑道の長さは総延長350キロ。深さは1000メートルにも及ぶというもので、
実際に坑道の中を歩いてみると想像以上のすごさにちょっと感動。
それこそ江戸時代までは全部人力=手掘り=だったんだもんなあ。
c0042324_15194214.jpg

ここで昼食。「銀山定食」(^-^)Vブイッ!
うーん。普通の山菜うどんと同じように見えるけどなあ。
もっとも「金粉」ならぬ「銀のふりかけ」なんてのが出てくるとちょっと怖いけど。
おほほ

明治になって文明開化。
明治の始めに生野から飾磨港の間、約49kmを結ぶ道として馬車専用道路=銀の馬車道=が新しく作られたそうな。
当時のヨーロッパの最新技術を導入して造られた今の産業高速道路というもの。
正式には「生野鉱山寮馬車道」と呼ばれたそうです。
いやあ、知りませんでした。ニッポンの高速道路は兵庫県が始めてなんです!
この道路のおかげで輸送は天候に左右されず、コストも8分の1にできたといいます。
もちろんこの道はいまではほとんど残っていませんがご当地では観光の目玉にしようと企画中。
ハイキングとかサイクリングでその道をたどってみる企画とか、
c0042324_15303436.jpg

こんな列車も走ってます。

c0042324_15485591.jpg

ここは福崎の町。
道幅の狭い、車一台通れるかなというこの通りが銀の馬車道だったところ。
街並みのなかにひっそりと残っているんですね。

生野の街もちょっと散策してみました。
鉱山から当時の工場までトロッコで運ばれたわけですがその軌道跡が残されてました。
c0042324_15382887.jpg

石積の様子も欧風です。

繁栄した当時を忍ばせてくれます。
今の生野の街は静かな山間の町です。

新緑を楽しみに行ったのになんだか「オトナの修学旅行」みたいになってしまいました。
by settuya | 2008-04-28 15:48 | | Comments(6)
Commented by senshikibow at 2008-05-01 22:58
新緑の生野、きれいですね。
生野と言えば、銀山湖を越えてもう少し走ると、
黒川温泉がありますね。
美人の湯と言うだけあって、良い温泉だったと思います。
今でもあるのかしら・・・・
Commented by settuya at 2008-05-02 09:02
senshikibowさん
 新緑がとても綺麗でした。
今年始めて大判で何カットか撮ってまいりました。

黒川温泉!
もちろん行ってきました。入ってきました。
良い温泉ですね。

Commented by rika at 2008-05-07 11:02 x
こんにちわ。はじめてコメント書かせてもらいます。
ホントに新緑きれいですね~♪
普通の山菜うどんぽく見えますが、すごく美味しそうデス♪

全然関係ない話になるんですが、三宮の「だいこんの花」のお店、
こちらのブログ拝見してすごく美味しそうなんで行こうと思ったんですよ。
でも予約の電話しようと思って何回もかけたんですが繋がりません。
「この電話は現在使われてません」てなります・・・
電話番号変わったのかもと思い電話帳で調べても同じ番号でした。
お店が閉店か移転でもしたんでしょうか?
もし何かご存知でしたら教えてもらえないでしょうか?
すごく行きたかったお店なので今かなりショックです。。。。
Commented by settuya at 2008-05-07 13:38
rikaさん
 初めましてです。
「だいこんの花」さん、どうなったんでしょうか。
近々覗いてみます。
Commented by settuya at 2008-05-08 09:01
rikaさん
 「だいこんの花」行って見ましたら、確かに閉まってますねえ。
うーん。

Commented by rika at 2008-05-08 19:45 x
どうもありがとうございます。
やっぱりお店閉まってたんですね。。。残念です。
もっと早く行っとけばよかったって後悔してます(TT)

<< ミズバショウと藤の花 庭は花盛り >>