九州=JR新幹線と西鉄に乗る

お出かけは車で、と決まっている今日この頃。
しかし今回はなんと新幹線(^-^)Yヴイッ
c0042324_178218.jpg

一気に博多まで二時間半。早いなあ。楽だねえ。
7時過ぎの新神戸発なら9時半過ぎには九州・博多駅に到着。
駅前でレンタカーを手配。現地での移動はやっぱり車だね。
高速道に乗って大分県を目指します。
お天気も良し。ドライブ日和だ。目的地は臼杵の摩崖仏たち。
ん十年前に行ったときは野外に雨ざらしだった。
田んぼ道を歩いて行くと、失礼な言い方だけれど、あの仏頭が転がっていた。
今では屋根に守られて遊歩道も整えられ、あの仏頭もちゃんと据えられている。
昭和55年から14年もかけた保存修復の工事だったそうな。
国宝にも指定されている。
久しぶりに対面させていただく。そして手を合わせる。
振り返ると里山の風景が広がる。いいところだなあ。
c0042324_1784739.jpg

今回の九州行。どうしても行きたかったのだ。
その理由はここ、九州国立博物館にある。
c0042324_1791572.jpg

特別展「宗像・沖ノ島と大和朝廷」だ。
海の正倉院と呼ばれる沖ノ島は神宿る島として神官以外の一般人の立ち入りは出来ず
古代のすがたのまま今日まで残されてきた「神域」の島だ。
島に上陸することも、観光することも一般人はできないのである。戦後の学術調査による
8万点に及ぶ発掘品が国宝に指定されている祭祀史跡なので、この機会を逃したら
それらのうちごく一部だと言え、目にすることは出来ないだろう。
この展示を見逃したら後悔するぞ。
古代史がマイブームのわたしにとって今回の九州行は胸躍る、ワクワクする旅行なのだ。

九州国立博物館は大宰府天満宮のおとなり。
まず博多からは地下鉄空港線で天神駅に行く。
そこから西鉄福岡(天神)駅にて大牟田線二日市駅まで急行で18分。
この駅で大宰府線に乗り換えて二駅目、大宰府に到着。
西鉄に乗るのは初めてだ。みなさんの話が九州弁(博多弁)。
きれいな観光列車「旅人(たびと)」号で大宰府駅へ。
c0042324_1794355.jpg

大宰府天満宮は梅の花が満開。

特別展会場では半日たっぷり堪能しました。
ユネスコ世界遺産に指定されればいいね。
by settuya | 2017-03-09 17:55 | | Comments(0)
<< 京都で花見......ちょっと... 足立美術館で絵画と庭を堪能 >>