バルセロナはアートの街

今回の旅行の最終地バルセロナ。ペニシコラからは有料道路で一気に走る。
スペインには高速道路に二種類あって無料のものと有料のと。それでも日本の有料道路代に比べるととっても安い。ここでも120-150キロぐらいでとばす。昼頃にバルセロナ空港に到着。ここでレンタカーを返却して市内は徒歩・タクシー・地下鉄での移動にする。たまたま返却にいくと英国で借りたルノーMODUSとスペインで借りたプジョー307が並んだので記念にパチリ。左がプジョーだ。無事に無事故・トラブルフリーでここまで来れたことに感謝。ここからは空港リムジンバスでバルセロナの市内へ。
c0042324_1711452.jpg

バルセロナの市内はさすがにスペイン第二の大都会だけあってさまざまな顔を持っているのだが、ここでもやっぱり路地を撮った。壁のいたずら書がやっぱりバルセロナやなあと思わせる。
そうなのだ。
バルセロナはアートの街なんだね。
c0042324_17131066.jpg

ホテルに大きなスーツケースも預けてさっそく行ったのはあのガウディのサグラダファミリアの工事現場だ。ここはあまりにも有名なので日本人観光客も多く見かける。
もちろん今でも工事中だ。何百年かかるのでしょうね、完成まで。
c0042324_17255625.jpg
c0042324_1726252.jpg

一部完成しているところへはこうして見学でき、塔の中程までを螺旋階段を登っていくことも出来る。これがまたきつい階段で、もう汗だく。一部ステンドグラスも設置済みだ。
ここから眺めるバルセロナの街並もすてき。
c0042324_17385043.jpg

ひとつの教会が未だに建築中というのもすごいね。これだけでアートだ。
町中にはガウディの建物がいくつも残されている。それも博物館とかいうのではなく、事務所や住居として実際に使われているのだから驚く。ちょっと日本では想像できないことだ。
まあ、ピカソにダリも生んだ国だからねえ。

ゴシック地区という昔ながらの遺跡が残っている地域にはコロンブスが新大陸発見の報告にイサベラ王女に謁見するために登った階段があったりする。
またこの地区で有名なのがこのカテドラル。これも完成まで150年もかかっている(^ ^);;
その豪壮な建物もステンドグラスもそして黒い顔のマリア像もいまでも信仰の対象なのだ。
c0042324_17441430.jpg
c0042324_17443713.jpg

ピカソ美術館も中世の建物をそのまま使った建物に9歳のころから青の時代までの作品が展示されている。この当たりの路地も町並みもまたすてきだった。
サンタ・マリア・ダル・マル教会近くのバールで遅い夕食を。隣の席ではお兄さんが一生懸命お姉さんを口説いていたりするのもラテンの国ならではかな(^ ^);;わははは
お兄さん 頑張れ!
こうしてスペイン最後の晩は更けていったのでありました。
by settuya | 2005-07-03 17:53 | | Comments(15)
Commented by ktokuri at 2005-07-03 21:15
おお、バルセロナではさすがに広角レンズのオンパレードですね。
バルセロナというと、あのオリンピックのマラソンで有名になったモンジュイックの丘で、歩いてフウフウいったこととその先のミロ美術館の素晴らしい作品群、それに、カタロニア美術館で中世の敬虔なキリスト教徒の絵を観たのが記憶に残っています。その近くの高台から見える街の光景が、なんと美しいことか...
サクラダファミリアや、グエル公園をはじめとするガウディの傑作建築がそこここにあるのも印象的でしたけど。
Commented by settuya at 2005-07-03 21:31
バルセロナはオリンピックで有名になりましたね、日本では。
でもやっぱり街全体でアートしてまっせ。
さすげでした。
Commented by ktokuri at 2005-07-03 21:44 x
そうですね。バルセロナは神戸の姉妹都市って知ってましたか??

一応、「コウベライフ」なんで...「グルメライフ」って間違えてリンク書いた人がいたのでこのところ気にしてます(^^;
Commented by しゅう at 2005-07-03 21:51 x
良いですね~~・・サグラダファミリア
テレビでしてましたが・・今、日本人建築家が一人、携わってるようですね
ほんとあとどれくらいで出来上がるのでしょう・・・
行ってみたいところのひとつです。
Commented by ktokuri at 2005-07-03 22:03 x
おっと、すみませんでした。いつもよくミスタイプするのですが、
サクラダ→サグラダ でしたね。年代が山口百恵というか、桜田淳子を知っている歳なので...(^^;。
 日本人というと、彫刻家の外尾悦郎が天使の門を作っておられたのが記憶に残っています。少しスペインの彫刻に比べて穏和な作風のように感じますけど、よく調和されていると思います。ネスカフェの宣伝で有名になりましたよね。
Commented by moo_yoshi at 2005-07-03 22:27
しかし、まあ、なんですね、ええーっと、ん~「すっ凄い!」としか言いようがないですね。
こんな所で撮影を続けると、首が疲れますね、きっと。
Commented by settuya at 2005-07-03 23:25
ktokuriさん
神戸の姉妹都市だったんですかあ!知らなかったですぅ。
市内でタクシーに乗りましたがさすがは大都会。レンタカーを空港でさきに返却しておいて正解でしたね。とてもこんな街で運転できないです。
地下鉄は案内が行き届いてます。
ホームに次の電車が到着するまであと何分何秒か表示されるんです。
これはいらいらしなくていいのでは。神戸市営地下鉄でも実現出来そう。
Commented by settuya at 2005-07-03 23:29
しゅうさん
ここはTVコマーシャルなどでも有名なところなのでぜひ行ってみたかったんです。汗かいて階段を登っていますとついつい「ああしんど」と独り言。これに対してすぐ後ろから「ほんまやなあ」と返事が!それも日本語でね。日本人観光客のご一行様でした。
Commented by settuya at 2005-07-03 23:31
mm_yoshiさん
ほんまにえらいとこでっせ。
百聞は一見にしかずと言いますけど、実感しましたです。
教会の工事現場で足場に登ってはったおとうさんと目があったので思わず手を振ってしまいました。笑って答えてくれました。
うれしかったです。
Commented by ktokuri at 2005-07-03 23:32
摂津屋さん、そんなことでは市民税二倍追徴になるかもよ...

イチロウを輸出した、マイクロソフトの本拠地のシアトル(アメリカ)
巌窟王で有名なマルセイユ..個人的にはブイヤベースの本山という印象。
カーニバルで有名なリオ・デ・ジャネイロ...神戸まつりのサンバでこれはみんな知っている
甘栗しか名物がない(大きな豚まんも名物だそうだが)天津
ミノックスで有名な(って誰もしらんがな...(^^; )リガ
何が有名か知りませんが、行った人はみな好かったという ブリスベン
そして、このバルセロナ
他に親善協力都市として、グレースケリーの故郷、フィラデルフィア
があります。
正確に言うと、天津は友好都市(姉妹都市は中国では禁句)。

 ここまで出張して神戸の宣伝をしているけなげな私..市民税半分にして欲しいなあ。
Commented by fujiko_mine8 at 2005-07-04 00:36 x
だんだんと、スケールが大きくなってきているような・・
素晴らしいです!なんだか得した気分です。自分がその場にいるような感じがします。最後のお兄さんが口説いてたっていう話、笑えます。
settuyaさん、やはり口説き文句にお詳しいようで・・(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ


Commented by settuya at 2005-07-04 00:50 x
fujiko_mine8 さん
スペインではまことに開放的というか何と言うか、カップルのキスシーンなど当たり前みたいにごろごろ。
所かまわず周囲の目に関係なく語りあい愛し合うのですなあ。
さすがはラテンの国であります。
>やはり口説き文句にお詳しいようで・・(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ
わはははははは...................................
もう笑うしかないねw(^o^)wおほほ
Commented by settuya at 2005-07-04 00:54 x
ktokuriさん
姉妹都市(友好都市)情報、感謝。
けっこうワールドワイドにあるんですね。
神戸まつりのサンバの件は知っておりました。天津もシアトルも。
でもバルセロナとマルセイユもとは!

settuyaが市長ならば市民税半額にしてあげましょう(^ ^)/
もちろんsettuyaの分もね(°°)☆\(^ ^)バキッ! わはは
Commented by hiko at 2005-07-04 09:58 x
学生の頃、細江先生のガウディ写真展を見て衝撃を受けた事を思い出しました。自分が生きている間に自分が設計した建築物を見られないなんて凄い世界なんだと・・・アントニオ・ガウディさんのギャラは前金だったんでしょうか?と、不謹慎な事も考えるhikoです。
Commented by settuya at 2005-07-04 10:27 x
着手金で3分の1。中間金で3分の1。完成時に残り+追加分という契約とちゃいますか(^ ^);; でも、総額が今でも不明(計算不可能)なのでどうしたのでしょう?
このへんもラテンののりですなあ。
教会の地下にアトリエがあって模型などもおいてあるのですが完成予想模型から推察して図面起こしてるそうです。
当時は石積み。今は鉄筋コンクリート。手間も材料費もほんまに積算不可能やで。
なんともすさまじい世界ですね。

シャッタ押して1-2秒後に画像確認できちゃうテンポになれてしまうと2時間後のポジの上がりさえ待てない自分に気づきます。
まして........................
<< 帰り道 ペニシコラ城 >>