クエンカ 点描

c0042324_18473984.jpg

宿泊したホテルは17世紀の建物を改装したもので中世の趣きがある。
窓から差し込む朝日に部屋の白い壁がほんのりと明るく映える。
ブルーのテーブルクロスが映える。

クエンカの街 その点描だ。
c0042324_1848310.jpg
c0042324_18483478.jpg
c0042324_18485188.jpg
c0042324_1849918.jpg
c0042324_18494014.jpg
c0042324_1850158.jpg

これが”歴史”なんでしょうね。
風雪(ここは雪が降るのかしら)に耐えたドア。
c0042324_18515823.jpg

いつまでも去りがたいクエンカの街だけれどそろそろ出発。
ここから「ジュースの本場」バレンシアへ向かおう。
by settuya | 2005-06-29 18:59 | | Comments(14)
Commented by moo_yoshi at 2005-06-29 21:11
歴史の染みついた窓やドア、意匠もさることながら、どれも興味深いですね。
こちらでは、これみよがしの表札とかがないんですね。まあ、これだけ個性的なドアなら間違えて隣の家に入るって事もないでしょうから。
Commented by ktokuri at 2005-06-29 21:13
今日の写真は白が美しいですね。昨日は黄色でしたが...
そろそろ今までの写真を撮ったカメラの種明かしをお願いします。
Commented by ktsu0011 at 2005-06-29 21:28
んー、いい写真。素晴らしい。
Commented by settuya at 2005-06-29 22:09
moo_yoshiさん
そういえば表札というものを見ませんでしたなあ。
こんなんがいっぱいですねん。ごろごろしてます。
えらい街でっせ>クエンカ
観光地ずれしてないし日本人にもひとりも出会いませんでした。
たぶんこの間クエンカにいた日本人は我々だけだったかもね。
Commented by settuya at 2005-06-29 22:13
ktokuriさん
やっぱり”モノクロ”が似合う街なのかも。

今回持って行ったのは
コンタックスG2+21ミリ・28ミリ・40ミリ
ほとんど21ミリが多かったね。たまに40ミリだったけど、やっぱりこのシリーズのツアイスはええねえv(^-^)/
パナソの手ぶれ防止付きデジカメ
ローライ35
そしてSD-10でした。
SD-10の画像がどれだか、わかりますかあ?
けっこうがんばってまっせ。
Commented by settuya at 2005-06-29 22:14
ktsu0011さん
撮りたい対象がほんまにあふれておりましたです。
Commented by ktokuri at 2005-06-29 22:18 x
SD-10の上がりはごく僅かしか観たことがないので...
ほとんどそれかなあ..って思ってました。実は銀塩→デジタルも結構ありそうなんですね。
 今回のシリーズは今までにも増して素晴らしい気がします。
Commented by settuya at 2005-06-29 22:24
G2+21ミリなどフィルム分は同時CD-R化してもらいました。
広角やんか!というのはたぶんそれです(^ ^);;
今回の画像でいうと
ホテルの部屋のはパナソです。
一番最後のドアのアップはSD-10です。
あとは元画像をみれば個々にわかるんですが、SD-10とG2+プラナー40ミリとの混在です。
持って行く機材は最後まで迷いましたわあ。

Commented by しゅう at 2005-06-30 08:52 x
重そうな木のドアに石やレンガの洒落た壁が
ほんとうに素適ですね
今、日本でも新築の家の外壁などに、こんなデザインが取り入れられてますよね♪
クエンカって、settuyaさんが行かれた今回、初めて知った地名です。
Commented by ktokuri at 2005-06-30 08:53 x
不思議な話ですが、欧州設計のツアイスやライツのレンズは、やはりなんかヨーロッパに行くと水を得た魚のように生き生きと語り始める気がします。特にツアイスのレンズ....
そんなことを考えながら、機材を選ぶのもたのしいですよね。へたすると行き先がそれで決まってしまったりします。
 
 せっかくですから、記憶が定かなうちにレンズ機材を小さくブログに入れておかれてはいかがでしょうか。私も今となってはどのレンズで撮ったか自分のWEBの写真がわかりにくくなっているものがたくさんあります。そのうち記録も散乱して調べるのがたいそうになりますから、今のうちと想いますよ。
Commented by hiko at 2005-06-30 09:20 x
ベニスであるお宅を訪ねたら、重厚な歴史ある扉が自動で開いたのには驚きました。古いものを大切にしながら最新のテクノロジーをさりげなく導入している。あっ、これって、さりげなくデジタルもパソコンもやっている誰かさんとにていますね。大判もあるしよ〜って。あっ、うちの玄関、「キーッ〜♪」って言っていた事を想い出しました。「店長CRC入りま〜す。」・・・(^▽^;)ヨーロッパ人のお土産にCRCってええかもって考えたけど、オリーブオイルあるからええんでしょうかね。
Commented by settuya at 2005-06-30 09:28 x
しゅうさん
クエンカという街はマドリッドからバレンシアそして地中海へ向かう旅程のちょうど真ん中あたりに位置しています。
今回はレンタカーでの移動でしたのでうまく立ち寄れたんです。
右側通行・左側通行や予期せぬ交通事故への心配などもありますのでどなたにでも気軽におすすめはできませんが、例のeasyJetで飛んで現地ではレンタカーという組み合わせもなかなかのものでありますよ。
Commented by settuya at 2005-06-30 09:43 x
ktokuriさん
ほんまはコンタレックスのほうを持って行きたかったんですがテスト中にボディが...... (+_+)トホホ
おっしゃる通り!ツアイスやライツのレンズで欧州を撮ると確かに違いますね。不思議でありますがこれがまた楽しいところでもありますから、どうしても機材の選択、迷う、迷う。わはははは

写真へのクレジット添付は考えてもいいですね。今後の課題やな。
今回みたいなのは例外でほとんどが携帯電話デジカメやから気にしてませんでしたわ。




Commented by settuya at 2005-06-30 09:46 x
hikoしゃん
オリーブオイルのええ香りがするドアなんて、地中海的でいいかもしれないv(^o^)
<< 一路バレンシアに向かってゴーゴー! クエンカの夜景 >>