クエンカ その1

c0042324_059100.jpg

クエンカの街はフーカル川とウエカル川に挟まれた浸食された奇岩のなかにある街だ。
「魔法にかけられた街」と呼ばれているほど、中世の様子を色濃く今に残している街。
c0042324_053130.jpg

c0042324_054460.jpg

マドリッドから電車で2-3時間の場所にあり、もちろん世界遺産だ。
ここはカテドラル。夕陽にゴシック調の装飾がきれいだ。
その前がマヨール広場。今夜の夕食はこの広場で食べました。
c0042324_06521.jpg

ここは岩山を登るように街が出来ているので石畳の坂道がずうっと続いている。
かろうじて車が行き交わせるだけの幅がある道。町並みはまさに中世のものだ。
って、映画なんかでしか見たことないけど(^ ^);;
c0042324_062369.jpg
c0042324_065978.jpg

こんな町並みが坂に沿って展開している。夕方の散策と翌朝の散策でこの坂道を登ったり下ったりしたけれど、ほんとうにさまざまな表情を見せてくれた。
c0042324_071368.jpg

告知の看板と公衆電話。
これだけでもなんとなく、絵になるね。
c0042324_073545.jpg

朝の散策のときに出会ったこの街のおねえさん。
黒い犬を抱いてポーズをとってくれた。
こうした人たちが今でもここで生活しているのだ。すごいことだと思う。

c0042324_07541.jpg

by settuya | 2005-06-28 00:28 | | Comments(11)
Commented by fujiko_mine8 at 2005-06-28 01:58
こんばんは。
今日は夜更かしして一番乗りしてみましたΣ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン
昨日の画像、UP出来てよかったですね^^
中世のような建物と風景に赤い髪のお姉さんが溶け込んでいるのがすごいです!
Commented by moo_yoshi at 2005-06-28 08:09
すごいですね~街全体が芸術作品ですね~。そのうえ実用として人が住んでるのもすごい。お姉さんの笑顔もええし。(わんちゃん愛想ないですが・・・)
フィルム何本あっても足りませんね~・・・ってデジカメでしたね。
Commented by しゅう at 2005-06-28 09:07 x
魔法にかけられた街・・・ネーミングも良いですね~・・
ほんとうに、街全体が映画のシーンに出てきそうな雰囲気。。
時間の進み方が遅いかも・・・なんてね(^^ゞ
Commented by ktokuri at 2005-06-28 09:22 x
英国からここに来て色も空気も一変した感があります。
ここは普通の観光コースに入ってませんからね。摂津屋さんもよくご存じですね。私はドイツにたまたま行ってたときに、大学の寮の同居人にクエンカ出身の人がいて、それで何人かで旅行に行ったので知っているのです。行くまで、クエンカの存在は知りませんでした。ここは、とりわけですが、スペインには他にもこのような古い歴史を感じるというより、歴史がそのまま凍結されている街がいくつかあるようです。かっての都のトレドなどでも他国の街とは大変異質な感じがします。
 私がスペイン好きなのはこの雰囲気からですね。
Commented by settuya at 2005-06-28 11:18
fujiko_mine8さん
一番乗りおめでとうございます(^o^)/(^-^)/
って、遅くまで起きてはりますね。
よい子は早寝早起きでっせ。ほほほ

身振り手振りでお願いして写真を撮らせてもらいました。
とってもかわいいお嬢さんでした。
Commented by settuya at 2005-06-28 11:22
moo_yoshiさん
ほんまにすごい街でっしゃろ。カンドーもん!
こんな街があるんですねえ。どこを撮っても絵になりそう。うまくこの雰囲気が伝わらなかったとしたらsettuyaの腕のせいです。
今回の旅行ではフィルムカメラも持って行きました。デジタルとの併用です。DPEの際にCD-Rにも焼いてもらいました。
Commented by settuya at 2005-06-28 11:25
しゅうさん
この街にたどり着くまでが大変でした。
駅前から登りの一本道なのですがくねくね曲がってますし道幅は狭いし右側通行やし......。
でも無事に到着したらそんな苦労なんか、吹っ飛んでしまいました。さすがは世界遺産です。
ここではゆったりした時間が流れております。
Commented by settuya at 2005-06-28 11:33
ktokuriさん
さすがになんでも知ってはるなあと思ってましたらそういう経過があったのですね。普通の観光ルートからははずれてますもんね。ほとんど知られていないのではないでしょうか。
ホテルも昔の建物を利用した石作りのものでドアとか壁とか、もうそれだけで”時代劇”みたいなもんでした。幸い部屋の窓から渓谷が眺められましたので朝日に染められていく風景を早起きして堪能できました。
ただ、スペイン全体がそうですが、英語はほとんど通じませんね。
もう身振り手振りに例の会話本片手にがんばりました。
それはそれで楽しかったですよ。
Commented by ktokuri at 2005-06-28 12:36 x
スペインも英語が通じるのは都会だけですね。ラテン系はだいたいそうですが、田舎では駄目です。都会でもバルセロナあたりは色々事情もあって、かなりの人がしゃべりますが、マドリッドだと周辺地に行くとかなり怪しいです。ましてや、このあたりは....絶対無理。
 赤い旅行会話本でスペインは結構通じますよね。フランスとは大違い。音韻が日本語に似ているせいか度胸でがんばれば、結構会話が楽しめます。堪能されたようでよかったです。
Commented by hiko at 2005-06-28 12:50 x
こういう所では、一番高い所にある家が領主さまのご自宅なんです。
って、聞いた事があります、、、。メガヨットオーナのご自宅も山のてっぺんが多かった。
素晴らしい写真の数々、そこらじゅうで写真が撮れるから楽しかったでしょ。
Commented by settuya at 2005-06-28 13:02 x
hikoさん
一番てっぺんに行ってみればよかったですね。きっと領主さまの邸宅がどどんと建っていたかも。

そうですね。どっちを向いてもシャッタを押したくなる街でしたね
☆(^-^)/ルンルンッ♪

明日はこの街の夜景を見てもらいますね。
<< クエンカの夜景 いざ!スペインへ!! >>