いざ!スペインへ!!

c0042324_17405653.jpg

英国からスペインへの飛行はリバプール空港からだ。
リバプールと言えば、そう、ビートルズやね(^0^)/
ビートルズのデビューから実体験してきた世代の一員としてはほんまは時間をとってじっくりと歩きたい街だ。しかし今回はその時間がない。残念。
しかしさすがはリバプール。
空港の名前が「ジョン レノン 空港」なのだ。なんとも感動ではないか!
英国の空港の名前で個人名が冠されているのは、ここだけ。政府も粋なことをするねえ。
ロビーにはグランドピアノが置いてあり、自動演奏でジョン レノンの曲を演奏していた。
これもまた、泣かせるなあ。
c0042324_17412270.jpg

c0042324_17414483.jpg

スペインまでお世話になるエアラインは"easyJet"
長距離バス感覚で飛行機を飛ばしてる会社だ。
1)チケットは無い。すべてインターネットでの予約販売。その確認メールをプリントして窓口に持参して搭乗券と引き替えるのだ。
2)しかもだ。座席指定が無い!すべて自由席。早いもん勝ち。
3)機内サービスも徹底している。ドリンクサービスも無し!新幹線の車内販売みたいに売りに来るのである。サンドイッチが5ユーロとか、すべてお金を払って買うのだ。
水一杯、只のサービスは、無い(^0^)/
なんとも斬新なシステムである。これでコストを削減してとんでもないお値段でわれわれをスペインまで運んでくれるのである。
いくらだと思う?
なんと一人6000円だよ。イギリスからスペインまでの飛行機代が6000円だぜ。信じられない。この金額なら東京大阪間も飛べないね。
こういうのを正しい意味で合理化リストラというのだろう。
まさに目からうろこだった。

c0042324_17424189.jpg

スペインの土地は乾ききっている。
毎日、朝から夜までの間に晴れ・雨・曇りがいれかわりたちかわりめまぐるしく変化する英国の天候に比べるとここはまさに太陽の国。暑い暑い。
c0042324_1743567.jpg

マドリッドに着いた我々はさっそく空港でレンタカーを借りる。プジョーだった。
このプジョーはキャビンが広いうえにトランクにスーツケースが横に寝て入るぐらい広いのだ。これは感動。英国で借りたルノーではスーツケースは立てなければトランクに収まらなかった。そしてこの国は車は右の交通ルールなのだ。ちょっと緊張しながら高速道路を目的地の世界遺産の街、中世がそのまま現在なお生きている街・クエンカへと車を走らせた。高速道路は有料のところと無料のところとがあって制限速度は120だ。ここでは”キロ”単位だ。しかしさすがはラテンの国。ほとんどの車が150前後で走っている。
道路のまわりは荒れた土地か麦畑だ。
by settuya | 2005-06-27 00:36 | | Comments(9)
Commented by settuya at 2005-06-27 09:28
あれれ…(+_+)…???
写真が掲載されてないぞ。

なんで?おかしいなあ?

Commented by moo_yoshi at 2005-06-27 09:44
画像、表示されてないですね~
Commented by settuya at 2005-06-27 17:43
写真の貼り直しを行いました。
よろしく。
Commented by しゅう at 2005-06-27 18:17 x
良かった~・・見えてます(^^)/
しかし、「ジョンレノン空港」はほんとうに粋な計らいですね
どれだけ国民に愛されてるかということでしょうね。

それにスペインまで6000円とは・・
国際線とは思えないお値段ですね
プロペラ機?は揺れませんでしたか?(^^ゞ

私もフランスから列車でスペインに入ったことがあるのですが
乗り継ぎがうまくいかずに、ひっそりとした田舎に泊まる羽目に。
ヴェンタ・デ・ヴァニョスとかって名前の街でしたが
地図にも出てませんでした・・・
夫と二人で歩いてると「チャイナチャイナ」と囁かれました。
地球の果ての日本という国は、まったく知らないような雰囲気でしたね~・・もう二十数年前ですが・・

>中世がそのまま現在なお生きている街・クエンカ
楽しみです~~ワクワク(^^ゞ
Commented by moo_yoshi at 2005-06-27 21:42
うーん、リバプールですか。リバプール・サウンズが懐かしい。当時はビートルズに限らずイギリス勢の天下で、リバプールがひとつのキーワードでしたもんね。
スペインの雲がええ感じです。
Commented by ktokuri at 2005-06-27 22:30
リバプールは大学生の時に行って以来、お見限りです。
私の郷里、軽井沢と同じでジョンレノンのゆかりの地...ってこちらの方がよほど縁でしょうが...ですね。
クエンカは3日ぐらいいたことがあります。さて、どんな写真が出てくるか楽しみ。
Commented by settuya at 2005-06-27 23:36
しゅうさん 
ジョン レノン 空港とは、ほんまに粋なはからいですよね。
音楽の世界では偉大な偉大なヒトだということは承知しているつもりでした。しかし日本に”美空ひばり”空港はありません(^ ^);;
やっぱり偉大さがちがう、スケールが違うんですなあ。
まじでちょっとカンドーしましたです。

ちょっと見、チャイナに見えてしまうのが悲しいというか、仕方がないというか、そういうものなのでしょう。KLMのお姉さんから「チャイナか?」と聞かれました。「ちゃうちゃう、日本人やでえ」と答えすると「ほな、日本語でグッバイは何と言うんや?」とまた聞かれてお教えしておきました。
飛行機から降りるときにそのお姉さんがちゃんと「さよなら」と言ってくれましたのでしっかり憶えてくれたようです。今度KLMに乗ったとき、「さよなら」と手を振ってくれるお姉さんがいたら、それはこのときのお姉さんでしょうv(^-^)/ ほほほ

Commented by settuya at 2005-06-27 23:38
moo_yoshiさん
ほんまにスペインの雲はまったく英国とちゃいますわ。
日中はほんまに暑いんですけど、案外からっとしてるのでそれほど答えません。しかし汗かきなので大変でしたけどね。
Commented by settuya at 2005-06-27 23:39
ktokuri さん
クエンカは数日は滞在したい街ですね。
結局一日半ほどしか滞在できませんでしたが、すてきな街でした。
<< クエンカ その1 ヨークからコッツウォルズへ >>