ヨークからコッツウォルズへ

朝からレンタカーを借りてくる。旅行前に明石まで出向いてとってきた国際免許証が出番だ。車は黒いルノー。なんで英国車じゃないのか?ちょっと疑問だったが。
ヨークの街を離れて高速道路のA1に入り、そのまま南下してコッツウォルズに向かう。
英国の高速道路はとっても快適でしかも生まれて初めて走るsettuyaでも迷わないぐらい標識が実に解りやすい。これはさすが先進国と言える。目指すはストラッドフォード・アポン・エンボン。そう、シェークスピアの生家がある街だ。快適に走って昼過ぎには到着。交通ルールが日本と同じ車は左なので気を遣わずに走れた。
c0042324_0365144.jpg

シェークスピアの生家の前で昼食。
少しうろうろ散策。さらに南下してバイブリーへ向かう。
ロードマップを見ながら田舎道を走る。
c0042324_0412138.jpg

c0042324_0413615.jpg

このあたりの制限速度は”50”だ。ただし単位はマイル。キロにするとなんと80キロ!
こんな速度でこんな田舎道を走っていいの?
ちなみに高速道路は無料でしかも100マイルでも追い抜かれるぐらいの速度で走ってる。
なだらかな丘陵地帯を縫って田舎道は続く。時々通過する街並も雰囲気があるね。
うーん。これはすてきだ。運転していてこんな楽しい道は日本には無いね。
景色はすてきだし快適に飛ばせるし。
国際運転免許証を半日がかりで取っておいてよかったわあ。
c0042324_04545100.jpg
c0042324_0455759.jpg
c0042324_0463258.jpg
c0042324_0465745.jpg

c0042324_11455637.jpg

c0042324_11461141.jpg

c0042324_0484725.jpg

途中目に付いた素敵な庭のお宅をぱちりぱちり撮りながらバイブリーに到着。
バイブリーは「英国で一番美しい村」と絶賛されている村だ。きれいなコルン川の流れと昔ながらのアーリントン・ローの家並み。庭先の花々。まさにこれぞ英国の田舎!と言ったところか。
これらの住宅はいまでももちろん現実に住んでおられるのだから驚く。
おとぎ話にでも出てきそうな雰囲気。バラの花はこうした風景にあってこそ、映えるなあ。

今日の泊まりはストラウドという街。さらに数時間のドライブが待っている。
いよいよ明日はリバプール空港から英国を離れてスペインに向かうぞ。
by settuya | 2005-06-26 01:05 | | Comments(8)
Commented by moo_yoshi at 2005-06-26 10:04
車のCFに出てきそうな道です。車や人影が全くないと言うのは人口密度がかなり低いのでしょうか。
自然や花に囲まれた家も素敵です。現実にあるんですね、こんなところが・・・
鴨だけは日本で見るのと同じようですが・・・
Commented by settuya at 2005-06-26 10:32 x
鴨は見かけは日本と同じですが、ちゃんと英語をしゃべります(°°)☆\(^ ^)バキッ! すんまへん。うそですm(_ _)m。

田舎道をオープンカーで走りたかったですよ。
そんな気分にさせてくれる風景状況なんです。
さりげなく手入れされた庭がまた素晴らしく見とれてしまいます。

Commented by ktokuri at 2005-06-26 10:44
道の光景が詩的で素晴らしいです。それにしてもよく飲まずにがんばりましたねえ。摂津屋さんが運転...って聞いたときから、心配していたのですが。
 どの絵もすばらしいのですが、とりわけ2枚目の写真が気に入りました。さりげないなかに、この地方の雰囲気がきっちり香っています。
Commented by しゅう at 2005-06-26 10:50 x
わぁ・・素適~~~・・
目指すはイングリッシュガーデン♪ 
・・とチョット前までは私もがんばってたのですが・・・
最近はどうも手抜き手抜きの毎日です(^^;
これだけ綺麗だとかなり手を掛けられてますね~・・
これが一般家庭?だということが驚きです。

田舎道を車で・・・最高ですね♪
Commented by settuya at 2005-06-26 11:23 x
ktokuriさん
ほんまに昼間は我慢我慢でした。そのかわり夕食時にはしっかり飲みましたがね。ほほほ
英国でのドライブは無料の高速道路も快適ですがやっぱり田舎道ですなあ。周り一面菜の花畑とか羊や牛がのんびり草をはんでいる牧場なんかの間を走り抜ける痛快さ爽快感は病みつきになりそう。
Commented by settuya at 2005-06-26 11:31 x
しゅう さん
目指してください!イングリッシュガーデン(^-^)Vブイッ!
庭や花のことは皆目わからないのですが、日常的にしっかりと手入れなさっておられるのでしょうね。
田舎道を走っておりますとこういう庭を持った住宅ばかりです。
庭のサイズやご主人の嗜好なので彩りは違うのですが花を愛してはることは一見してわかります。
玄関の軒先に下げられたポットや窓の下などちょっとした場所もさりげなく花であふれてます。心の余裕なのでしょうかねえ。
和ませてくれます。
しゅうさんちのお庭、ぜひ拝見したいですね。


Commented by fujiko_mine8 at 2005-06-26 11:45
どれも素敵ですが、わたしも2枚目にビビっときました。
ここの場所にも同じ時間が流れているのかと疑ってしまうような風景ですね。
鴨が英語しゃべる~(笑)kuo!kuo!って感じですかね^^
Commented by settuya at 2005-06-26 11:48
fujiko_mine8さん 
>鴨が英語しゃべる~(笑)kuo!kuo!って感じですかね^^
わはははは これは笑ってしまいました。ユーモアのセンス、抜群ですなあ。すばらしい(^0^)/

これらの”英語をしゃべる鴨”さんにむかって「こっちにおいで」と日本語で呼びかけたのはsettuyaです(°°)☆\(^ ^)バキッ! とほほ
小ガモもいっしょに泳いでましてとってもかわいかったですよ。
<< いざ!スペインへ!! ヨークで街歩き_その2 >>