たっすいがは、いかんぜよ!

ちょっと気が早いんだけれど桜を見にお出かけしました。
明石大橋を経て淡路島を走り抜け、一気にここまで。
c0042324_1601642.jpg

土佐の高知のはりまや橋でぇ♪♪♪♪ということで土佐です。
坂本龍馬です。
桂浜です。
雨でしたが.................................。
まあ高知の街はどっちを向いても龍馬ばっかり。
板垣退助とかだれそれとか、土佐出身の偉人たちはもっともっと多いはずだが
やっぱり「龍馬」なんだなあ。
土佐というとカツオのたたきだ。
藁で焼き上げる豪快さは、さすが地元だけのことはある。
c0042324_1622661.jpg

こっちは普通のポン酢系でいただきます。
c0042324_1644989.jpg

そしてこっちは塩でいただきましょう。
c0042324_1684899.jpg

いやあ、どっちもほんまに美味しいです。

それにしてもよく降る雨です。
桜のお花見どころではありませんね。
仕方がないので、ヤムを得ずカツオのたたきでグビグビです。
土佐鶴とか酔鯨とか、美味しい地酒をいただきましょう。
「こじゃんとうまいぜよ」


c0042324_16105915.jpg

やっとお天気になりましたv(^o^)
四万十川沿いに車を走らせます。
土佐の龍馬とともにNHKさん=坂の上の雲=で有名になった松山に向かいます。
桜も満開でしょ。
じつは高知よりも松山のほうが暖かいのかもしれません。
高知では梅の花が満開でしたが松山ではもう桜です。
うーん、素晴らしい。
c0042324_16125088.jpg

松山城の桜はもうすぐです。

帰りは高松経由。
讃岐うどんをしっかりいただきました。
ちなみに「たっすいがは いかんぜよ」と言うのは土佐弁で
「弱々しい男じゃあ、だめだめ」という意味だそうです。
龍馬の国らしい言葉ですなあ。
(某ビールのご当地CMです。
お店の方にお聞きしましたところ、頼りなさげな男の肩をたたきながら、こう言うのだそうです)
by settuya | 2012-03-21 16:23 | | Comments(2)
Commented by happy at 2012-03-22 00:21 x
桂浜、仕事で何度かいきましたが、最近はご無沙汰です。昔とは随分
変わっているのでしょうね。
松山は伊丹十三記念館に行ってみたいです(この監督好き嫌い
がありそうですが)どきどき奥さんも来てはるらしいです。
Commented by settuya at 2012-03-22 23:14
happyさん
 四国は近くても中々訪ねる機会がなくってね。
何年かぶりに走ってきました。
高速道路もしっかり充実してるし、地道もよくなってますねえ。
これにはちょっとびっくり。
もっとびっくりしたのは祖谷渓のあの吊り橋。
すぐそばに駐車場は出来てるわ、あの橋と平行してコンクリートの橋まで架かってる。
どこが秘境やねん!という感じで速攻で引き上げてきましたっす。
四万十川では沈下橋を渡ってみたりと、しっかり楽しんできましたです。
いいとこですね、四国(^-^)/
<< 北野天満宮骨董市(天神市) 混沌、あるいは頭がキャベツ >>