ベンガラの街「吹屋(fukiya)」

朝から雨という予報を裏切っていいお天気。
というわけで日帰りお出かけドライブ。
ここだ。岡山県高梁市吹屋ふるさと村。
中国道を1000円で走って二時間半ぐらい。
備中高梁の近く。
c0042324_15212349.jpg

ここ吹屋は銅山とともにベンガラの生産地として江戸時代から栄えた町だ。
今でも残る街並みにはベンガラ格子の風情が素敵だ。
c0042324_15214560.jpg

郵便局もみごとなベンガラ色。
その佇まいがグッドだねえ。
c0042324_1522077.jpg

c0042324_15222766.jpg

お気づきのとおり、この通りのすべての暖簾はベンガラ色。
ベンガラ染には防虫効果があるそうです。
c0042324_15224082.jpg

c0042324_1523011.jpg

吹屋ベンガラの商家で大富豪であった片山家の土蔵にあった「写真の本」。
c0042324_15234716.jpg

ハイカラな当時がしのばれる。
写真を撮るって、「術」だったんだよ。

赤銅色の石州瓦にコスモスが似合う。
c0042324_15242452.jpg

街並みの端っこにある「金子屋」さん。
ここで黒いカレーをいただく。
c0042324_15243838.jpg

烏賊墨で黒くしたカレーなのだが、これが絶品。美味い。
ベンガラの街に合わせて赤いカレーもメニューにあるのだが
これは唐辛子だそうで、ちょっと遠慮しました。
c0042324_15252587.jpg

ここは吹屋小学校。明治33年(1900年)建築の歴史的木造校舎。
しかも今でも現役で使用されているのだ。
ただし生徒数はたったの八名。
数年後には閉校になり隣町の小学校に合併されるそうだ。
c0042324_15282176.jpg

広兼邸。映画「八つ墓村」のロケ地として有名なところ。
まるでお城だ。

「吹屋ふるさと村」として観光にチカラを入れている。
山間の小さな村なのだが、なんとも懐かしさにあふれてる。
日帰りコースとしては丁度いいかも。

帰路は総社・国分寺跡に立ち寄る。
c0042324_15314098.jpg

黄金色の稲穂と五重塔が美しい。
by settuya | 2010-10-04 15:36 | | Comments(4)
Commented by happy at 2010-10-07 08:38 x
「ふくや」ですか?
良い所を美味しいお店同様に良くご存知ですね。
八つ墓村の邸宅は覚えています。行った事はありませんが。

関係ない話ですが、
大阪には「吹田」とかいて「スイタ」という都市があります。
他所の方から、「フキタ」と間違われるところです。

「ふくのにすいとは変だ」という方もおられて、
そういう方には
「音楽のブラスバンドは『ふき奏楽』というんですか?」
と逆に突っ込みをいれています(笑顔)
Commented by happy at 2010-10-07 08:41 x
失礼「ふくや」じゃなくて
「ふきや」の書き間違いでした。
Commented by settuya at 2010-10-07 09:27
happyさん
 岡山県高梁は有名です。
ここは寅さんの映画の舞台にもなりました。
そのすぐ傍(それでも車で小一時間かかりますが)にこんないいところがあるんですよ。
日帰り散策コースとしては丁度いい場所でっせ。
おすすめです。

吹田(すいた)と吹奏楽のはなし、いいですね。
覚えときます___φ(。。)メモメモ
Commented at 2011-06-09 17:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 新しい「おもちゃ」 彼岸花 >>