PCでCDを楽しむ

今年の1月にPCオーディオも楽しみはじめて8ヶ月が経ち
「まあこんなもんだろう」
と思ってた。

ウエブで遊んでいるとこんな記事を見つけた。
「音楽演奏ソフトによって音質がちがうぞ」
確かにそれ専用のソフトが数多くあるね。
そのうちの一つ、こいつがえらい評判が良さそうなのである。
「WaveFilePlayer for Experimental」
c0042324_2230574.jpg

iTunesよりもMSのものよりもベターだと言う。
ほんとうか、試してみよう。

「ええっ!こんなもんなの!!」
入門クラスのUSBーDAC経由なのだが、出てくる音はこれまでの他の音楽演奏ソフトとはえらい違いだ。
ソフトの変更だけでこんなにも違うものなのだ。
ウエブでの評判の高さは本当だった。
もう、びっくり。

実はPCオーディオはまだまだこれからのもので性能もこんなもの
などと大きな思い違いをしていたね。
PCにしっかりとWAVファイルで取り込み、このソフトを使い、そして高級なDACをおごってやれば
かなりのところまで行けるのではないか。
PCは旧型でも良いから使い古しの旧タイプ機を音楽専用にしてしまえばいい。

その気になって取り組めばきっとコストパフォーマンス抜群のシステムができあがるぞ。
PCオーディオはすぐに音楽シーンの中心になるだろう。

いいDACが欲しくなってきた。
この頃は毎日PCの前に座ることが楽しい。
だって、こんなすばらしいBGMが聴けるんだもん。
by settuya | 2010-08-29 22:56 | その他 | Comments(2)
Commented by senshikibow at 2010-08-31 22:42
こんなのがあるのですね。
いただいたSP100やっと鳴り始めました。BOSEのちっちゃなアンプでドライブしていますが、結構いい音しています。
Commented by settuya at 2010-08-31 23:02
senshikibowさん
 これからはPCオーディオの時代ですなあ。
このソフトはそれが近づいていることを実感させます。
SP100、楽しんでください。
うちのSPもコードを変えてみました。
やっぱりシーメンスもんですが今度は撚り線です。
そしてノイズ対策でトランスをCDPに咬ましました。
また聞きに来てくだされ。
<< 本屋の中でサプライズ! 黒部タム >>