蕎麦と菜の花、阿弥陀堂

GWだ。
で、ちょこっと蕎麦を食べにお出かけ。
c0042324_2213097.jpg

長野県での第一歩は松本市。早朝に城まで散策。
実に美しいお城だねえ。
遠くの山頂には雪。
そして今日も いい天気(^-^)v。
お蕎麦をしっかり楽しみます。
c0042324_2201223.jpg

まずは乗鞍高原のお蕎麦屋さん。
ちょっと細め。
途中、カタクリの群生地があったので立ち寄る。
c0042324_22362169.jpg

今年は4月に入っても寒い日が続いたので花たちが一斉に咲いている。
まだまだ桃の花も桜も残っている。
まさに「春がいっぺんにやって来た」ようだ。
c0042324_2203442.jpg

ここは美麻新行のお蕎麦屋=「麻の館」さん。
地域の特産品であった麻に感謝しての麻の資料館と併設の蕎麦屋だ。
蕎麦も景色も素晴らしい。

さらに足を伸ばして今回の旅のもうひとつの目的地である飯山市へ。
千曲川を前にした「菜の花まつり」だ。
遠景には妙高・斑尾そして黒姫の山々。
c0042324_22124731.jpg

13haもの面積に「菜の花」「菜の花」そして「菜の花」
みごとな「黄色の世界」が拡がる。

この地に映画大好きなsettuyaとしては見逃せないポイントがある。
c0042324_22161858.jpg

2002年の映画「阿弥陀堂だより」のセットである阿弥陀堂が
飯山市の観光名所として残されているのだ。
山村のてっぺんにある阿弥陀堂のセットには映画ファンの訪問が絶えない。
この縁側に座って眺める絶景にしばし感動。
駐車場の集会場がこの時期だけ臨時のお蕎麦屋さんになる。
地元のおかあさんおばあさん手作りの。
メニューは一品=お蕎麦しかない。
さっそく注文。
c0042324_2205093.jpg

山菜の天麩羅とのセット。
蕎麦はやや黒くて、しかも切り口が揃っていない。
太い部分も細い部分もあったりして、それはそれでいいもんだ。
とてもしっかりした蕎麦。
見事な絶景を見ながら味あわせていただく。

お蕎麦と菜の花を堪能した小旅行でした。

--------本日の___φ(。。)メモメモ--------
映画「阿弥陀堂だより」
2002年公開
監督/脚本:小泉 堯史
出演:寺尾聰 樋口 可南子 北林 谷栄
※アップしたあと、北林谷栄さんの訃報が。
ご冥福をお祈りします※

乗鞍高原 「蕎麦 御池」
〒390-1520 長野県松本市安曇3886-13
TEL/FAX 0263-93-3520

「麻の館」
TEL/FAX 0261-23-1738
〒399-9101  長野県大町市美麻新行14004番地
事前に予約すれば蕎麦打ち体験も出来る
by settuya | 2010-05-04 22:38 | | Comments(4)
Commented by senshikibow at 2010-05-05 19:43
お休みにお蕎麦を食べに信州へ
何とも贅沢ですね。

お天気が良くてなによりです。
景色もきれいし、お蕎麦も美味しそうです。
Commented by happy at 2010-05-06 00:02 x
帰路の渋滞はいかがですか?蕎麦三昧いいですね。
映画「阿弥陀堂だより」はまだ見てませんが、先日は、
偶然京都でその主演女優さんを「生で」見ていたわけで。。

単眼鏡。わたしも持ってます。
「ギャラリースコープ」という商品名でメーカーは不明。
8×20mmで30cmまで寄れると本体に書いてあります。
が、先日は持参するのを忘れて。。残念でした。
Commented by settuya at 2010-05-06 11:00
senshikibowさん
 今回のお蕎麦はみっつとも全てグーッでした。
大成功(^o^)/(^-^)/~~
信州の春はホンマに素晴らしい。
Commented by settuya at 2010-05-06 11:05
happyさん
 帰路は渋滞に巻き込まれていつもの倍、時間がかかりました。
単眼鏡はこうした所には必需品ですねえ。
じっくりと「部分」アップが楽しめましたが、ものすごく大きなサイズの作品たちなのに、各パーツごとに精緻さ精密さにはビックリ。
ほんまに天才ですなあ。

「生で」御覧になれたとは!
ハッピーでしたね。
<< 広島でグビグビし「平和」を祈念する。 チューリップ >>