かわいい秋 見つけた

やっと雨が上がった。
田んぼでは稲刈り機の音。みなさん忙しそうだ。
実りの秋

というわけで、久しぶりに裏山の散策だ。
紅葉にはまだまだ早い。栗の実もまだまだあおい。
柿の実が色づき始めてる。
c0042324_1850837.jpg

クヌギの実を見つけた。
頭だけ、ちょこっと出しているんだ。
クヌギの実は殻から取り出すと丸々としてころりとして
一般のどんぐりよりもボリュームがある。
渋みもすごいので渋抜きが大変だけど昔から非常食や保存食とされている。
一足先に、クヌギの林は秋です。
# by settuya | 2016-09-24 19:01 | 季節のなかで | Comments(0)

森山大道展とフジタツグハル展

c0042324_8565068.jpg

兵庫県立美術館で
標題の展示会が開催されているので出かけてきた。
森山大道氏の写真は初期のもののほうが好きだ。
最近のはどうも...........
などと思ってしまうのは歳のせい?

藤田嗣治氏の絵画世界は、さすが、素晴らしい。
あの時代のパリで、これはフジタしか描けない絵だ!と認めさせた素晴らしさ。
人生の上ではいろいろとあったそうだが
技量もすごい。いや、技量だけでは到達しえない世界に至っている。
感動しました。

二つの展示会でわたしはクラクラ、疲れちゃった。
珈琲でも飲んで一休みしようと館内の階段をうろうろ。
いつも感じることだけれど、なんとわかりにくい構造なんだ。
美術館とか、博物館という建物。凝りすぎじゃあないの?
とくにA氏の設計は
などと思ってしまうのも、歳のせいかしら。
c0042324_858281.jpg

c0042324_8581739.jpg

c0042324_8583362.jpg

c0042324_8584898.jpg

c0042324_859171.jpg

なんとかたどり着いた。珈琲でほっと一息。

こういう会場にお越しになる場合は、履物にも気を配ってくださいね。
静かな会場で「カツカツ」「コツコツ」と靴音を響かせるのはご遠慮いただきたいものです。
おもわずその方をにらみつけてしまいました。
これも年のせい?
# by settuya | 2016-09-08 15:50 | カメラ散歩 | Comments(0)

デトロイト展

大阪市立美術館のデトロイト展に行ってきました。
ここはわたしのお気に入りの美術館のひとつです。
c0042324_8562648.jpg

c0042324_8564661.jpg

c0042324_8565955.jpg

美術館や博物館は写真撮影原則禁止!ですよね。
では三枚目のカットは内緒で撮ったのでしょうか?
いえいえ。そんなよくないことは致しません>きっぱり(^-^)Yヴイッ
入り口で記念写真「アリバイ写真とも言う」を撮ろうと
受付のお姉さんに許諾を申し出ると
「今日は写真オッケですよ。展示室の作品も!」
とのこと。びっくりポンです。デトロイト美術館側の了解ごとだそうです。
ということでカメラをバッグに仕舞い込むことなく右手にもって会場内へ。
なるほど、みなさんスマホやデジカメで撮ってはります。
ルノアール。ゴッホ、ピカソ等々、錚々たる画家たちの「生」が撮れる!
なかにはデジ一眼で正面からしっかり撮っているお兄さんも。
閲覧者にはちょっと邪魔っけだけどね。
いやあ、このサービスには驚きました。
c0042324_8572286.jpg

c0042324_8574533.jpg

c0042324_8575429.jpg

アートを十分堪能したあとは通天閣・新世界界隈をカメラ散策です。
原色バリバリの看板がいっぱい。
ちょっとさみしい商店街(アーケード)には大阪らしくチャリンコ・ママチャリと串カツ屋ののれん。
歌舞伎のまねきに負けてへん堂々たる店構え。
これが新世界。この活気と混沌がいいなあ。
c0042324_8587100.jpg

c0042324_8581755.jpg

c0042324_8583075.jpg

さらに路面電車にも乗ります。阪堺電車です。
どこまで乗ってもどこで降りても210円均一価格。わかりやすい。
神戸市では市電(路面電車)が消えてしまってから久しいのですが
広島や熊本、そして富山などではいまでも現役で活躍中。
路面電車っていいよね(^o^)/
ここでも現役です。ごとごと揺られて住吉さんへ。
住吉大社は日本中の住吉神社の総本山だね。
有名な招き猫のお守りや太鼓橋。さらには国宝の神社建物など。
さすが【大社】というだけのことはあります。
大社といえば出雲大社 を思い出すほどですが住吉さんも大社と呼びます。

暑いのにはまいりましたが充実した一日でした。
# by settuya | 2016-08-26 08:59 | カメラ散歩 | Comments(0)